競馬情報サイトについて教えて下さい。

Last Updated on 2023年1月24日 by michinari

「競馬情報サイトを探している」
「競馬予想のコツが知りたい」
「競馬セブンの評判や評価が知りたい」

競馬情報サイトとは、簡単に言えば「競馬の順位の予測をメインにした情報サイト」の事と考えて下さい。
場合によっては、スポーツのファンサイトの様に騎手の動向や興味深い出来事を述べる事を軸にしている事も無いでは無いです。
ですが、大概の場合は順位関連を軸にしている事がほとんどになります。

長年競馬予想を提供し続けてきた競馬セブン

競馬セブンが考える競馬予想の意味

競馬は、対人競技の一環ですので予測を立てる事等意味が無いのではないかという考え方も、実際問題無いではありません。
確かにある部分では、その考えも間違いではなく、勝負事である以上やってみなければ分からないという部分もあります。
ですが、ある程度の勝率をキープするという点では精度が高い情報に基づいた予測があった方が良いという事も、また同時に知っておかなければいけません。
例えば、競馬は「馬と騎手が競馬場に集ってレースをする競技」なわけですが、この段取に入る前には多くの事象が動いています。
分かりやすい所では、騎手と馬の調子のコンディションが挙げられますが、他にも会場との相性問題も関わりますし、「今まではAの馬を売り出してきたけど、今回はBの馬にテコ入れしたい」という様に馬主が馬と騎手を変える采配を振るう事もあります。
その采配が上手く行く事もあるかもしれませんが、その逆になってしまう様な事も出て来ますし、長丁場のレースを最後まで生き残る為に敢えて今回の試合は、抑え目で勝負をしようという様な作戦をチームで考える事もあったりします。

参考:競馬セブン

個人での情報収集の場合

こういった情報があった上で馬券を購入するのと、一発勝負で勘に頼るのでしたら、やはり前者の情報があった方が安心感も変わります。
ただ、そうなると「会社に頼まないでも、自分で情報を集めて予測すれば良いのではないか」という考えも出るかもしれません。
確かにそれも、1つの楽しみ方ではあるのですが、個人での情報収集の場合はどうしても外野の予測の範疇を出ない事が多いという問題にぶつかります。
前述してきた様な、チーム内でコッソリ動いている作戦の類の様であったり、馬主の意向の類等を完全に外野が読めないとは言い切れませんが、場合によってはガッチリ秘密がガードされているという様な事も多いです。
スタッフルーム内の出来事と言い換えても良いですが、情報の精度を本格的に高くするのであれば、騎手や調教師と飲み友達になるレベルまで熱心に内部に入り込む必要があります。
情報サイトを場合はそのレベルまで取材を徹底した結果、予測を挙げている所等もあるので、実績がある所を探すという一手間が必要ですが、相応の結果を狙いたい場合は利用を考えた方が堅実です。

競馬予想サイトの選び方

ただ、そうなると「熱心で実績があるサイトとそうでないサイトをどう見分けるのか」という点が、気になってくると思われます。
実はそこにも、見分け方が存在していますが、まず「予測の数が少数であるか否か」を気にする事をお勧めします。
外野レベルかスタッフルームレベルで調べられているかの違いが、露骨に出る部分ですが、結果が多いという事は絞り込みが甘いという事と同意語です。
スポーツライター等で、大まかな取材しかしない場合にシチュエーション毎で予測を立てるケースがありますが、その場合は「結局誰が勝つのか分からない」と言っているのと変わらず、参考になりません。
厳選情報をベースに、しっかり絞った話を載せている所の方が参考になります。
後は可能ならば、予測をしている担当ライターにどの程度の競馬の取材歴があるかもしっかりチェックする事をお勧めします。

競馬関連で取材を続け何十年のベテランというケース

最も理想的なのは、競馬関連で取材を続け何十年のベテランというケースであり、今回が競馬予測は初めてであるという様なライターが多い場合は、そのサイトは避けた方が無難になります。
出来れば、担当者に競馬関連の著作が複数あって、そこから競馬愛が深く読みとれる様な点まで読み取れれば申し分ありません。
ただ、この時に注意すべきポイントもあって、ライターが元騎手や調教師という肩書があるから信用するというのは、一手待った方が良いです。
引退後即業界に入った様な人であれば、問題ありませんが、現場から離れて相当にブランクがある様な場合は今現在の事情を余り知らない事も珍しくありません。
所謂、ジェネレーションギャップにて、状況を色眼鏡で見てしまう可能性がありますので、そこもチェックしておきたい所です。
そして、最後に最も重要なポイントですが、信用出来る予測サイトを見つけても無敵になれるわけではないという事は決して忘れないで下さい。
万馬券が出たという様な話が、現在も無いではありませんが、1度の勝負に一攫千金を狙って大金をつぎ込んでしまったりするのは、非常にリスクが高い行為です。

まとめ

「現実的な投入金額に基づき、一定程度の勝率をキープする事」を軸にしている物であって、万馬券等はその流れの中で出る時は出るが、出ない時は出ないのだ程度に考えておく事が最重要ポイントです。