【2022年最新版】大成建設と様々な貢献

「大成建設の株価や評判を知りたい」
「大成建設ってどんな会社?」
「大成建設はどんな技術を持っているの?」

大成建設は日本の大手総合建設会社となりますが、どのような仕事を行っているか興味を持つのではないでしょうか。
土木や建築が事業の中心となりますが、具体的には建築や土木の設計、施工や都市開発、エンジニアリングや不動産、原子力等様々な分野で事業を行っています。
事業に関しては国内だけではなく海外でも行われており、グローバルな事業が展開されていますが、具体的には東南アジアや中東等、世界中でプロジェクトが実行されています。
様々な事業がスムーズに進むよう国内に東京をはじめ多くの支店存在しますが、支店が存在するのは国内だけではありません。
海外にも支店が存在し、台湾の台北営業所やイスラマバードのパキスタン連絡所、ニューデリーにおけるインド営業所やマニラのフィリピン営業所等となります。

大成建設の使命

大成建設は様々な事業を行っていますが、将来新たな文化の発祥地となり地域反映の基盤となることを使命としています。
同時に人々の暮らしを守りつつ、潤いのある社会を創造するという夢も抱いていますが、使命や夢を現実にするため、最新の技術を取り入れました。
多変量解析やAIとなる人工知能を取り入れ、建築現場で取得したデータを分析したり、活用する技術を確立しています。

2020年にはT‐iDigital Fieldの技術を拡張

2020年にはT‐iDigital Fieldの技術を拡張しましたが、どのような技術なのか疑問を持つのではないでしょうか。
建設現場で取得したデジタルデータを利用し、効率的な施工と安全管理を支援することができます。
具体的には、作業員や建設機器の位置情報をリアルタイムで地図化することが可能となり、海洋や山岳等広大なエリアでも瞬時に位置情報を把握することができます。
品質管理に関しては、資材ごとの状況を瞬時に追求する仕組みを構築し、資材とトラックの情報を連携させることに成功しました。
モニターを通して積み込みや運搬、荷下ろしまで管理することが可能となり、施工状況を瞬時に把握し共有することもできます。
状況によって資材の運搬量を検討することが可能となるため、効率よく作業を行うことができるよう検討しなおすことも可能になるといえるでしょう。

トンネルにおける作業の安全性を向上させることが可能となる

作業員の安全面に関しても配慮され、トンネルにおける作業の安全性を向上させることが可能となりました。
作業状況を考慮し、発破を行う際の退避状況等の安全向上を期待することができます。
トンネル工事に関しては、装薬や発破やずり出し、アタリ取りや吹き付け、ロックボルト打設等のサイクルが繰り返し行われますが、サイクル工程の管理機能を行うことも可能です。
建材機械の稼働状況や、作業に必要な時間も把握可能で、効率よく作業を行うことができるよう検討しやすくなるといえるでしょう。

建設業界の人材不足問題について

建設業界では日本の少子高齢化が影響し、慢性的な人材不足が認識されており、危機的な状況に陥っています。
就業者数に関しては1997年の685万人がピークとされ、2018年には503万人と減少しています。
AIを活用することで、単純作業を自動化したり安全管理の向上を実現することが可能となり、人材不足の解消も期待することができますが、大成建設も新しい技術を取り入れることで貢献しているといえるでしょう。
貢献に関しては、最新の技術を取り入れ地域の繁栄に努める以外に、文化財維持のためにも貢献しています。
特別な塗料を開発し、木材の防火性能を高めることが可能となり、文化財保全への活用が期待されいます。

木の表面に塗るだけで燃えにくくなる塗料を開発

特別な塗料とはどのような塗料なのか興味を持つかもしれませんが、木の表面に塗るだけで燃えにくくなるよう開発されました。
樹脂や難燃性の高い薬品が配合されていますが、準不燃材料となる国土交通省認定の基準をクリアしています。
塗料を塗った木材を火に10分間当てても、燃えることはありません。
木材に塗っておくと、燃え始めるまでに時間がかかるため、焼失を避けることができる可能性があるといえるでしょう。
以前の技術では、木材に圧力をかけ薬剤を浸透させる必要があり、存在する木材建築に使用する際は、解体を行った上で薬剤を浸透させる必要がありました。
特殊な装置を使用しなければならず、サイズも重要視されることから難しいとされていましたが、防火性能を高める塗料に関しては塗るだけでよいため手軽に使用することが可能です。

まとめ

国内の国宝や世界遺産に関しては、9割以上が木造建築であることが認識されており、落雷による火災や放火等が心配されています。
2019年においては首里城正殿が火災によって焼失しましたが、塗料を塗ることで防火性を高めることができ、トラブルを防ぐことにつながるといえるでしょう。
文化財の保全目的以外に、柱や梁等に木材を使用した木造ビルの建設等にも使用することができます。
木造ビルは二酸化炭素の吸収を期待することができますが、防火性を高める塗料の誕生は木造ビルの建築を後押しし、地球温暖化の抑制にも貢献することができるのではないでしょうか。