ウォールステッカー貼りで失敗しないコツを知りたい

最近、雑貨店や100円ショップなどでウォールステッカーをよく見かけるようになりました。
これまで、使用したことがないという人でも試してみたいなと思っている人も多いのではないでしょうか。

ウォールステッカーの魅力の一つは初心者の人でも簡単に貼ることができる手軽さだと思います。
とはいえ、貼る時に失敗しないだろうかと不安な人もいるでしょう。
実際に上手に貼るコツを知っているかどうかで、出来映えは大きく変わってくるものですし、失敗しないコツを知っておくことで、失敗する可能性をグっと下げることが出来るので、ぜひ事前に把握しておきましょう。

まず、いきなり貼り始めるのではなく貼る壁をしっかりと拭いてホコリなどを取りましょう。
壁に汚れがあると粘着力も落ちてしまいます。

次に上手に貼るコツですが、重要なのは前もってどこに貼るのかをしっかり決めておくということです。
仮に失敗しても貼り直すことが出来ますが、何度も剥がしていると粘着力が落ちてしまうので、一度で貼り付けたいところです。
そのためにも、どのように貼るのかを決めておくことがかなり重要なのです。

事前にどのように貼るかを決めたら、仮止めするのが上手に仕上げるコツです。
ウォールステッカーをパーツごとに切り分けたら、一度テープで壁に貼ってみて全体の仕上がりを見ておくと、実際に貼ってみてイメージと違うという失敗をする可能性をかなり低くすることが出来ます。

仮止めを行なって、全体のイメージをつかんだら実際に貼っていきます。
貼るときに気をつけるのは、可能な限り粘着面を触らずに貼ることです。
そのためにも透明シートの部分を持って慎重に貼っていきましょう。

シールを貼って、キレイに壁に密着させる方法として、おすすめなのはカードとティッシュです。
カードは有効期限切れのクレジットカードや使用しなくなったポイントカードを利用すると良いと思います。
そのカードをティッシュで包みます。ティッシュの代わりにガーゼやハンカチでも良いでしょう。
それをウォールステッカーにあてて軽く押しながらやさしく擦ると、キズをつけることなくしっかりと貼り付けることが出来ます。

このような順序で行なっていけば、初めて貼る場合であっても失敗することなくキレイに貼ることが出来るでしょう。
どの過程でも焦らずにゆっくりと慎重に貼ることが大切です。そのためにも楽しみながら貼ることが、成功するコツだと思いますよ。