様々なパソコンパーツを購入してオリジナルなパソコンを作る

パソコンの特性を知ろう

パソコンにはデスクトップパソコンとノートパソコンがあります。

デスクトップパソコンの方が性能が優れていますが、ノートパソコンは持ち運べるため便利です。

最近ではスマートフォンやタブレットの使用者も増えました。

特に若い世代では、インターネットを閲覧するのにパソコンではなくスマートフォンを利用する傾向があります。

パソコンを購入する場合にも、持ち運びができるノートパソコンを選択する人が多数派です。

動画の編集など高度な作業を行なう場合には、ノートパソコンよりもデスクトップパソコンの方が適しています。

パソコンパーツはドスパラなどの専門店や家電量販店、インターネットの通販サイトなどで購入できます。

インターネットの価格を比較するサイトを利用すれば、最も安く買える通販サイトが分かります。

最近では既にパソコンパーツが組み立てられているものを販売する専門店も多く見られます。

既に組み立てられているデスクトップパソコンは、自分で1つ1つのパーツを揃えて組み立てる手間が不要です。

またパーツを揃える場合よりも安い場合があります。

ドスパラなどでは手軽に高性能なデスクトップパソコンを手に入れることができます。

しかし1つ1つのパーツを揃えて自分で組み立てれば、パソコンを作るノウハウを習得でき故障した場合にも容易に対応が可能です。

自分好みのパソコンを作ることができるという魅力もあります。

デスクトップパソコンはノートパソコンよりも性能が優れているため、様々な作業に利用できます。

ノートパソコンやスマートフォンなどと用途に応じた使い分けが重要です。

デスクトップパソコンを構成するパーツ

デスクトップパソコンを構成するパーツには様々なものがあります。

全部のパーツを集める必要はありません。

最低限の機能を備えていれば、パソコンとしての役割を果たしてくれます。

例えば最近では仮想通貨のマイニングと呼ばれる作業が人気です。

マイニングをすると報酬として新規に通貨の発行を受けることができますが、膨大な量の計算が必要になります。

CPUを使用して作業を行うよりも、グラフィックボードを使用する方が計算力が高いため効率的です。

グラフィックボードはビデオカードとも呼ばれ、画面出力や動画再生の機能を向上させる装置です。

マイニング専用のパソコンを作る場合には、必ずしもパソコンケースを必要としません。

一方で複数のグラフィックボードと対応するマザーボード、安定した電力を供給する電源装置は必須です。

デスクトップパソコンを作るには、自分が求める性能に応じたパソコンパーツを揃えることが重要です。

パソコンを構成するパーツにはケースの他にも電源装置やマザーボード、CPU、メモリー、ハードディスク、SSD、光学ドライブ、グラフィックボード、サウンドカード、OS、ディスプレイがあります。

情報を長期的に記録する装置はストレージと呼ばれます。

かつてはハードディスクが主流でしたが、現在ではSSDを使用する事例が増えています。

パソコンを動かすには基本ソフトであるOSが必要です。

OSはストレージにインストールして使用します。

SSDにOSをインストールすると、ハードディスクよりも起動が早く故障しづらいというメリットがあります。

しかしSSDはハードディスクよりも高価です。

メインのストレージとしてSSDを利用しつつ、安価で大容量なハードディスクも併用して情報を保存する方法もあります。

また情報の保存は内蔵ハードディスクだけでなく外付けハードディスクやUSBメモリ、光学ディスクでも行なうことができます。

CPUの詳細について

CPUはパソコンの中心的な処理装置です。

エンジンのような存在なので、性能が高いほど動作速度や処理速度が上がります。

ドスパラでもCPUは普通のものから高性能なものまで、いろいろと取り揃えています。

メモリーも動作速度と処理速度に関係する重要なパーツです。

ストレージが情報を長期的に保存する装置ならば、メモリーは一時的な保存を行います。

メモリーは作業台に例えることができます。

容量が大きいほど作業をスムーズに行えるようになります。

CPUとメモリーは全てのパソコンに必須のパーツです。

それぞれに形式があるので、対応するマザーボードを選択する必要があります。

マザーボードにはCPUやメモリーなど様々なパソコンパーツが接続されます。

ATXやMicroATXといった大きさの規格が存在します。

多くのパソコンではATXかMicroATXのマザーボードが利用されます。

ATXとMicroATXであればどのようなパソコンケースでも利用可能です。

MicroATXの場合には対応するパソコンケースを利用します。

パソコンケースと電源装置もATX型とMicroATX型が存在します。

またパソコンケースの大きさにはフルタワーとミドルタワー、ミニタワーの3種類があります。

フルタワーは非常に大きいため拡張性に優れていますが、設置場所を選びます。

一般的にはミドルタワーかミニタワーが利用されます。

それ以外にも、キューブ型やスリム型と呼ばれる小型ケースが存在します。

近年ではキューブ型やスリム型のケースと、ATXやMicroATXをさらに小型化したMini-ITX型マザーボードが使用される事例も増えています。

 

おすすめコンテンツ

ドスパラ評判評価