理想の結婚式を作ってあげるウェディングプランナー

ウェディングプランナーは、結婚のためのイベントのすべてを任される重要な職種です。

国家資格はないので免許がなければつくことができない仕事というわけではありませんが、持っていると役立つ資格というのは存在しているので、就職活動の際に重要視してもらえたり知識を身につけることによって実際の仕事にいかすこともできます。

ウェディングプランナーの仕事は、さまざまなことを臨機応変に対応しなければならないことになります。

ホテルや結婚式場などの会場専門のスタッフとして働く他にも、どこにも属さない単独のウェディングプランの企業であれば、結婚に関して幅広く対応しなければならないことにもなります。

結婚式の前の両家の顔合わせや結納からお手伝いをすることもあり、挙式や披露宴会場、二次会や三次会のセッティング、結婚写真撮影や新婚旅行までのお世話も任されることになります。

まずは、自分に結婚計画を任せてもらうためにも営業をかけるということから始まります。

新郎新婦やその家族、親せきの意見を取り込みながら理想の結婚に向けてのプランの企画書を作ることになります。

また、お客さんの希望だけでなくその会場で希望の日時に空きがあるのか、お客さんの要望に合わせて現場では対応できるのかなど、お客さんと会場、業者との都合を合わせる必要も出てきます。

結婚披露宴はたった一日だけのイベントになりますが、そのための事前準備には何日もかかることになり、何度もお客さんと会場や業者と打ち合わせをすることになります。

連絡ミスや手配わすれなどがあれば、一生に一度の結婚披露宴を台無しにしてしまうことにもなるので、気が抜けない仕事でもあります。

たくさんある事前準備の他にも、当日には必ず立ち合いをして二人の祝福するということも必要になるので、土日祝日に休みを取りたいという人には向いていません。

ウェディングプランナーは、お客さんから全てを任される立場であることから、書類を作ったり手配をしたりという技術の他にも、自分を信頼してもらえるかどうかという人間性も重要になってきます。

結婚披露宴が終わったらそこで関係が終了というわけではなく、その後にも結婚記念日にお祝いのお手紙を送ってみたりとアフターフォローも欠かせません。

そういった努力によって、自分が担当した新郎新婦から友人や親戚など他の人を紹介してもらえる可能性も高まり、営業の一環として欠かせないものとなります。ハワイ ウェディングプランナー 日本人