ユーザーにとって役に立つサイトであればOK

サテライトサイトとは、SEO対策の手法のひとつで本命サイトに被リンクを集めるために、本命のサブとして立ち上げるサイトのことを指します。

被リンク数を増やすことでメインサイトのページランクが上昇し、アクセス数がのびるという仕組みです。

しかし、運営方法を誤れば反対にアクセス数を減らす可能性が高くなるため、導入するには注意が必要になります。

Googleのアップデートが行われる数年前までは、このサテライトサイトが非常に多く存在していました。

しかし、このアップデートにより、「明らかにランクアップ目当てで立ち上げられた、更新されない・質の悪いサイトからリンクを集めている」と判断された場合、Googleからペナルティを受けてしまいます。

このため、SEO目的でサテライトサイトを運営する場合は、いくつかのポイントをおさえた上で行う必要があります。

まず第一に、ユーザー目線に立つことです。

Googleは検索によって訪れたサイトに、ユーザーが満足するか、質の良いサイトであるかを常に審査しています。

他のサイトのアクセス数を上げるためではなく、ユーザーの役に立つコンテンツ・記事を掲載することが大前提となります。

次に、メインサイトの幅を持たせる方向でサブサイトを作る、ということを意識しましょう。

例えば、メインサイトで扱いたいけれど、あまりにジャンル・カテゴリが広がり過ぎると散漫になるため泣く泣くカットした内容を、サブサイトで扱うという方法でなら、サテライトサイトを運用する意味があります。

メインサイトの方向性やターゲット層がぼやけるのを防ぎ、なおかつ広がりを持たせることができます。

また、製品サイトや個別のサービスだけを取り扱った特設サイトなどを立ち上げるのも有効です。

そして、ペナルティを受けないようにするために、定期的に更新するということも忘れてはなりません。

長期間更新されていなければ、メインサイトの被リンク数を稼ごうとしているように見なされやすくなります。

動的であり、サービスの種類の幅を持たせるために必要であり、なおかつ頻繁に更新・メンテナンスされているということが非常に重要になります。

何より、Googleが判断基準としている「ユーザーにとって役に立つサイトであるか」という視点を、同じようにサイト運営者も持つ事によって、ユーザーにとってもメインサイトにとってもより有用なサテライトサイト作りが可能となるでしょう。

→格安の料金・プランについて