プロパンガスのメリットやデメリットを知り上手に導入する

「プロパンガスのメリットとデメリットが知りたい」
「都市ガスからプロパンガスに変更しようと考えている」
「プロパンガス料金を安くする方法を知りたい」

料理やお風呂、ヒーターなど、生活に強く関わっているものがガスですが、ガスの供給方法としては、現在の日本ではプロパンガスと都市ガスのどちらかに分かれます。
これからどちらを使用するのか悩んでいる人も多いかもしれませんが、プロパンガスを導入するのであれば、そのメリットやデメリットをしっかりと把握しておくことが大切です。

※プロパンガス専門サイトのGASUMOさんのホームページも参考になると思います

プロパンガスのメリット

利用可能なエリアが広い

まず最初にプロパンガスのメリットにあげられる事は、利用可能なエリアが広い点が挙げられます。
これが1番の強みであり、ボンベやガス管、ガスメーターを設置することができれば、全国どこでも供給することができます。
つまり分散型エネルギーとも言えるでしょう。
ガス導入感のないエリアの場合には、供給することがないできない都市ガスに比べた場合には、利用可能エリアがかなり広く、使い勝手が良いものといえます。

災害に強い

そして災害に強いことも1つのメリットと言えるでしょう。
近年の日本は大地震や台風など、自然災害に見舞われるケースが大きくなってきています。
そのたびに水道や電気が止まったり、場合によってはガスが使えなくなることも多々あります。
しかし分散型エネルギーの1つでもあるプロパンガスは、災害時に強いインフラであるともされています。
おおまかな復旧日数を見てみると、都市ガスと比べた場合には、災害時には迅速に使用できるようになるのです。
実際に宮城県沖で発生した地震においては、都市ガスは復旧まで30一日かかったのに対し、なんと3日で復旧しています。
阪神淡路大震災においては、都市ガスが85日かかったのに対し、14日で復旧に至ったのです。
50キロのガスボンベ1本では、およそ1ヵ月ほど音を賄うことができるとされていて、品質の劣化などもなく、半永久的に使えるものとして、これが災害に強いとされている理由です。

火力が強い

そして火力が強いことも嬉しい魅力の1つと言えるでしょう。
都市ガスと比べた場合には、火力はなんと約2.2倍もあるのです。
このようなことから金属の溶接を行っている工場、飲食店などにおいても好んで使われる傾向にあります。
料金を比較した場合には、熱量の違いを考えた上で、都市ガスの値段を2.2倍にして比較してみると良いでしょう。

省エネに取り組む株式会社エスコシステムズ

プロパンガスのデメリット

設置に場所を取る

反対にデメリットがあるのも事実ですが、デメリットにあげられる事は、設置に場所を取ることです。
ボンベを書く過程に設置しなければならず、管理や設置に場所を取ることにもなるでしょう。
設置については条件も定められていることから、どこにでもボンベを受けると言うわけではありません。
容器は風通しの良い屋外に設置されていることや、社交、屋外階段の下などの場合には風通しが良いこと、車両等の損傷を受けない場所に設置するなど様々な条件があります。

料金が高い

そして2つ目には料金が高いことです。
ボンベを運ぶために人件費や配送料がかかることから、都市ガスと比べた場合には、やや値段は高い傾向にあります。
都市ガスと比べると、家庭ごとにも料金に大きな開きがあるのも事実です。
料金に差があると言う事は、言い換えるとガス会社を変更するだけでかなり金額を抑えられる可能性が考えられます。
料金が高すぎると感じる場合には、契約変更を考えることも1つの手段といえます。

料金が不透明

そして料金が不透明なこともデメリットに挙げられるでしょう。
実はプロパンガスは自由料金制が設定されていて、ガス会社が自由に価格の設定を行うことが出来るような仕組みです。
このようなことから価格が不明瞭になっているケースも数多く見られます。
知らない間に値上げがされていたと言うケースもあり、2017年には価格を明確に示すようにとガイドラインが変更されたことです。
万が一価格について疑問がある場合には、一度ガス会社に問い合わせてみると良いでしょう。

プロパンガスの料金を安くする方法

このようにメリットもあればデメリットもあることがわかりましたが、デメリットの1つにある料金を出来る限り安くするためには、いくつかの方法があります。
価格が不透明な中で自由料金制がとられていますが、これにより適正価格との間に大きな差が生まれていることもあります。
このようなことからガス会社を変更することで、都市ガスと比べた場合には、大きく金額が変わることも考えられるでしょう。
しかしガス会社を見直す場合には注意しなければならないこともあります。
持ち家の場合には契約を結んでからどれぐらいの年数が経っているのかを確認してみましょう。
無償貸与契約を結んでいれば、途中でガス会社を変更すると、残りの金額を支払わなければなりません。
基本的にはこの無償貸与契約が10から15年ほど結ばれていることがあるため、10年以上が経過していればガス会社変更を考えてみましょう。
無償貸与契約が切れていなくても、利用状況により残り金額を負担することなく変更できる可能性もあります。

まとめ

まずは一度相談してみることが大切です。
新築の場合には、ガス会社を事前に選ばなければなりませんが、時間がない中でガス会社を選定することは難しいです。
まずはガス会社の無料相談を利用するのが一番の手段と言えるでしょう。