何かと話題になる神社本庁とは

「神社本庁って何?」
「神社本庁ってどこにあるの?」
「神社本庁からの離脱について知りたい」

日本には数多くの宗教があります。
代表されるのが仏教でありその仏教はさらに様々な宗派に分かれています。
キリスト教もまたプロテスタントとカトリックとにわかれており、様々な考え方が絡み合っているのが現状です。
仏教は日本由来の宗教のように感じますが、キリスト教と同じように海外から入ってきた宗教となっています。
主にインドや中国から伝来しており、その様子は日本の歴史の書物に数多く記載され、様々なものが出土され歴史的に保管されている状況です。
そのような中で日本固有の宗教となっているのが神社となっています。

神社とは

神社は神道の考え方により神々を祀るための施設であり、祭祀を執り行うことも多いです。
鳥居によって神の世界と人間の世界とを分けており、鳥居の内側は神域となっています。
日本に神道が生まれたのは自然と密着した生活を送っていたからであり、神社というものはないにしても山岳や川、森や岩、巨木などに神が宿っているとして、昔の人は生活に利用するものと神として祀るものとを分けていました。
いつしかその分け方が明確でなくなったため神社として神々を祀る場所を祭殿とし、区別するようになっています。
なお神社の周りを見ると数多くの木が植えてあり、森のようになっていますがこれは鎮守の杜と言われており、その中には神木があって神木には法連縄が締められています。

参拝の前には必ず手を綺麗にし身を清める

また神社には手水舎がありますが、参拝の前には必ず手を綺麗にし身を清めます。
神社の中に墓地がなく、葬儀なども行われないのは、神社の中は神域であり死をけがれととらえているためです。
すべては神道の考え方に基づくものであり、お墓などは一切建てられません。
近年では再び神道に注目が集まっており、鳥居の美しさや神社がある場所はパワースポットとして考えられるようになり、観光地のようになりました。
昔は結婚式も神社で行われていましたが、一時期キリスト教で行われる教会スタイルがもてはやされ遠のいた経緯もあります。
今では再び神前結婚式が行われるようになり、日本の伝統的な儀式を重んじるようになっています。

多くの神社を取りまとめている神社本庁

神道が注目されるようになってからよく聞くようになったのが神社本庁です。
日本には現在8万5千ほどの神社がありますが、登録していないものもあり実際には10万を超えていると言われています。
この多くの神社を取りまとめているのが神社本庁であり、すべての都道府県に必ず1つずつ設置されているのが神社庁です。
本庁という名前がついていますが、役所的な意味は全くなく宗教法人に基づいた文部科学大臣所轄の宗教法人となっています。
ここでは各都道府県の神社の事務や人事財政、それぞれの神職への指導や祭祀や地域活動の振興を図る活動を行っています。
神社庁そのものは広報的な意味合いがあり、多くの場合都道府県の中で比較的大きな神社の境内もしくは隣接地に配置されている特徴があります。

【参考】神社本庁とは?役割や取り組みについて調査

渋谷区にある明治神宮の横に設置されている

この神社庁を取りまとめている神社本庁もまた渋谷区にある明治神宮の横に設置されています。
なおすべての神社が神社庁に属しているわけではありません。
靖国神社や富岡八幡宮、日光東照宮などは属しておらず、近年ではこんぴらさんとして有名な讃岐の大神社が離脱をしました。
これは宗教の考え方の違いによって起きたのではなく、神社本庁の癒着疑惑、女性を宮司にしない、地域に寄り添わず地域の実情を理解していないなどのことが関係しています。
本来は神聖な場所であるはずなのに、神社本庁の幹部らが癒着をし訴訟も起きているため離脱する神社が増えているということになります。
なお日光東照宮は1985年と比較的早くに離脱をしていますが、後を追うように気多神社が2010年、梨木神社は2013年、そして事件が起きた富岡八幡宮が2017年に離脱しています。

本庁に属する神社で神主になる条件

神社本庁は宗教団体の一つとしてとらえられていますが、この本庁に属する神社で神主になるには様々な条件をクリアしなくてはなりません。
一般的なクリア事項として卒業する大学が決められており、皇学館大学か国学院大学のどちらかを卒業し、その後実務経験を積まなくてはなりません。
さらに神職養成講習会というものが神社庁で開かれており、そこに出席し知識を深め、さらに養成所に通って神社庁からの推薦を受ける必要があります。
必ず神社庁が絡んでおり、なりたいからと言ってなることができる職業ではありません。
仏教も修行を積みますが、それと同じように神道もまた様々な勉強を積んで理解を深める必要があります。
神社は若い人を中心に憧れの存在であり、今日本の良さが見直されています。

まとめ

本庁は再び注目が集まったことを冷静にとらえ、利益を求めず本来の目的を果たすべく努力をしなくてはなりません。
様々なトラブルが生じると離脱する神社が増え、どのような事情があるのかと不信に思う人も増えるので日ごろからそれぞれの地域の神社の実情をしり、対策を講じる必要があります。

あん福祉会の詳細について

あん福祉会は、特定非営利活動法人で、地域に根ざして精神障害者の支援を行っている団体です。
精神障害者の自立した生活を応援しており、社会参加に関わる事業や、暮らしやすいまちづくりに関わる様々な事業を行っています。
その大元は昭和63年に結成された「作業所設立準備会」で、小金井保健所を中心に、福祉関係者やボランティア、市内の医師などで構成されていました。

精神障害者の社会復帰を目的とした施設として活動

精神障害者の社会復帰を目的とした施設として活動しており、翌年となる平成元年には「あん工房共同作業所」が設立されました。
設立当初は、任意団体の運営から始め、平成14年に現在の「特定非営利活動法人あん福祉会」として法人化しました。
なお、「あん工房」の名前の由来ですが、ひらがなの先頭の文字である「あ」と一番最後の文字である「ん」を合わせたものです。
なぜこのようなネーミングになったのかと言うと、「すべての人に開かれ、さまざまな人が集まる場所にしたい」という願いが込められているからです。
加えて、「あうんの呼吸」という言葉が、「あ」と「ん」の文字を含んでいることも関わりがあります。
「工房」という文字を選択したのも、「様々な人が集まり何かを作り出そう」という意図を含んでいることから、「作業所」という言葉よりも、よりやさしい響きで緩やかな意味を持たせたかったことが理由です。

あん福祉会が現在行っている事業

このような思いを持って誕生したあん福祉会は、今でも小金井市を中心とした地域で活動を続けています。
現在行っている事業としては、就労移行支援・就労継続支援B型・グループホーム・デイケア・カフェの運営です。

就労移行支援や就労継続支援B型事業

就労移行支援や就労継続支援B型事業では、地域社会で自立を目指す方のための支援であり、一般就労を目指します。
仕事に対してしっかりと責任感、そして集中力を持てるよう、これらを高めるための作業プログラムや就労プログラムを用意しています。
もちろん、参加する場合は工賃収入が得られます。
対象としているのは精神科外来に通院中の方で、主治医の承諾や紹介状が得られる方です。
具体的な作業内容としては、図書館内での書籍等の整理や書誌の入力、運営しているカフェでの飲食接客などです。
サービスとして昼食が無料で、1日1000円の工賃が得られます。

通過型のグループホーム

グループホームは通過型で、精神障害をお持ちの方が対象です。
共同生活を行うための専門施設であるグループホームで生活を望む方で、精神科医療機関に通院中の方が利用できます。
日常生活を送る上で必要な援助等を受けながら、自立した生活や社会復帰が行えることを目指します。
なお、通過型のグループホームの利用期限は、一般的に3年です。
利用者は個室で生活を行うほか、入居者間での交流を図るための交流室が用意されています。
将来的には街中で、自立した共同生活を送ることを目標に、必要なトータルサポートを行います。
グループホームのご利用をご希望の方は、一度問い合わせてみるとよいでしょう。
定員人数が定められているため、満員の場合は入居できないこともありますが、空きがある場合は問い合わせをすることで対応してもらえるほか、お部屋の様子を確認することも可能です。
また、空室がない場合でも、見学や利用体験は随時行っているため、将来的な利用を考えて早めに検討しておきたい方も安心して相談できます。
その他にも、グループホームの利用にあたっては様々な条件等が定められているため、利用できるかどうかを予めしっかりと確認しておくことも大切です。
分からないことがあれば、担当スタッフが丁寧に教えてくれるため、気軽に相談してみるとよいでしょう。

小金井市内の委託事業であるデイケア

デイケアは、小金井市内の委託事業として行われています。
こちらも精神障害をお持ちの方が対象で、人との関わり方について練習したい方や、日中に活動できる場所を探している方に最適です。
適宜休憩を設けながら、専門のスタッフがしっかりとサポートしてくれるため、安心して参加できるのが特徴です。
参加費は無料で、戸外での活動費や交通費、飲食料などを実費で支払います。
毎週金曜日に活動が行われており、10時から12時までの2時間程度が目安です。
事前に面談と見学が行えるため、興味がある方は気軽に問い合わせてみてください。

運営しているカフェの「アン」

最後に、運営しているカフェの「アン」ですが、こちらは精神障害を持つ方の働く場所として開設されました。
広々とした空間で、地元野菜を使用したお食事やデザート、飲み物などが用意されており、喫茶店として利用できます。
各種メニューのデリバリーにも対応しているほか、小さなサークルで集まる際に便利な、個室の貸し出しも行っています。
さまざまな方がさまざまな用途で気軽に利用できるカフェとして、地元で愛されています。
なお、基本的に祝日や土日はお休みで、営業しているのは平日の限られた時間帯のみです。
複数店舗があり、店舗によっては平日にお休みが設けられていることもあるため、あらかじめ営業日時を確認してから行くとよいでしょう。

まとめ

以上、あん福祉会の事業内容について解説してみました。

洋上風力発電が注目されている理由

現在では様々な発電方法を利用して電力が得られるようになっています。
火力発電や原子力発電だけではなく、再生可能エネルギーを利用した太陽光発電や水力発電の導入も増えていますが、洋上風力発電が特に注目されるようになっていることを知っておくと良いです。
従来の風力発電とは違って、陸地ではなく海に設置する方法であり、これによって様々なメリットを得ることができます。
海洋上で実施できる風力発電の魅力について理解を深めれば、これが注目されている理由に気づくことができるでしょう。

クリーンな発電

洋上風力発電は他の再生可能エネルギーを利用した発電方法と同様に、クリーンな発電であることが大きな魅力です。
世界的に地球温暖化を防止するために、二酸化炭素が排出される発電を減らすべきだと言われていますが、風力を利用した発電であれば二酸化炭素が出ません。
この発電方法が多くなって火力発電の割合を減らすことができれば、二酸化炭素排出量を大きく削減できるはずです。

安全性について心配する必要がない

安全性について心配する必要がない点も大きな魅力であり、原子力発電のように事故が起こるリスクがありません。
原子力発電所で事故が起こってしまうと、人体や環境に害のある放射性物質が広まってしまい、様々な悪影響が生じてしまいます。
実際に日本や海外では原発事故が起こっており、それによって苦しい思いや大変な思いをした人は少なくありません。
安定した電力供給のためにリスクを孕んだ発電方法を使い続けていますが、この発電方法が広まっていけば危険性が高い発電方法を減らしていくことができるとされています。

風力による発電は比較的変換の効率が良い

風力による発電は比較的変換の効率が良いことでも人気です。
太陽光や木質バイオマスを用いた発電は20パーセント程度の変換効率であることが多く、地熱発電は10パーセント程度であることが多いと言えます。
風力発電は陸地に設置すると20パーセントから40パーセントの変換効率を期待することができますし、洋上に設置する場合はより高い数値が期待できるとされていることを知っておくと良いです。

発電タイミングを選ばない

発電タイミングを選ばない点も魅力的なポイントであり、太陽光発電のように時間や天候による制約を受けません。
太陽光発電は日光がなければ電力を生み出すことができませんが、風力発電は風さえあればいつでも電力を得ることができます。
風は常に吹いているわけではないと思うかもしれませんが、海洋上の場合は陸地よりも風の影響が出やすく、太陽光発電を設置する場合よりもたくさんの時間で発電できるとされていることを知っておくと良いでしょう。

土地面積が狭い国や地域でも導入しやすい

土地面積が狭い国や地域でも導入しやすいこともメリットです。
広大な土地面積を有している場合は、太陽光発電装置や水力発電所をたくさん設けることができます。
数が多くなれば多くなるほど、たくさんの電力確保が期待できますが、土地が狭い国や地域では施設や設備の数を増やすことが難しいです。
土地がないことを理由に太陽光発電施設や水力発電施設の設置を諦めるケースもありますが、海洋上に設置する場合は土地面積の狭さを気にする必要がなくなります。
日本は国土面積が小さいものの、排他的経済水域は世界6位という広さです。
広い排他的経済水域を活用すれば、たくさんの設備を設けてより多くの電力を確保することも夢ではありません。

騒音トラブルが起きない

騒音トラブルが起きないことも魅力的な部分です。
陸地に風力発電を設置するときには、民家などが近くにあれば騒音問題に発展してしまうことがあります。
騒音と判断されるレベルの音量ではない、対策を講じていてなるべく小さな音になるように工夫しているという場合でも、住んでいる人からすれば不快に感じられてしまう可能性が高いです。
毎日のようにタービンの回る音が聞こえてくると大きなストレスを感じ、停止を求める人が出てきてもおかしくないと言えます。
海洋上に設置すると騒音のクレームが出ないので、安心して運用していくことができるでしょう。
不要なトラブルを避けるためにも、洋上風力発電は非常に便利な方法だと言えます。

これらのメリット以外にも、化石燃料のような有限の資源を使う必要がない、大規模になれば火力発電並みの電力が確保できるというような魅力もあるでしょう。
このように、数多くの魅力がある発電方法なので、洋上風力発電は世界各国から注目されるようになっています。

まとめ

実用化が進められていたり、実証実験や研究開発が活発に行われていたりする国も少なくないです。
日本でも盛んに実験や研究が行われており、今後はさらに注目を集める可能性が高い発電方法となっています。
今すぐにこの方法に置き換わることはありませんが、将来的には火力発電に取って代わることになるかもしれません。
重要な発電方法の1つだと言えるので、洋上風力発電についての基本的な知識を持つことができたのであれば、最新の情報まで詳しく知るようにしておくことがおすすめだと言えます。

INFLUX次世代電力環境資源洋上風力発電株式会社

楽しさ満点の貸切バス

貸切バスは目的地への道中も楽しめるプライベート空間になっているので、旅行を移動中も楽しみたいと考えている方におすすめです。

友達とか仲間で楽しいひとときを過ごすことができ、他の団体のお客さんの目を気にすることなくはしゃぐことができます。

誰かが運転をする必要がないので、旅行をするメンバーみんなで車内でお酒を飲んだりカラオケをしたりして楽しい思い出を作ることが可能です。

貸切バス大阪ツアーが安い

 

貸切バスは完璧にプライベート空間

電車だと他のお客さんの目を気にしないといけませんし、あまり馬鹿騒ぎをすることも不可能です。

周りの人に迷惑がかかりますし、話をするのも小声ということになってしまいます。

でも貸切バスは完璧にプライベート空間なので、中でゲームをしたりして楽しい時間を過ごせます。

カラオケが完備されているサロンカーを使ったら、気があう仲間とカラオケ大会が開催できあっという間に目的地に着きます。

移動中も時間を無駄にしたくないという幹事さんは、電車とか自家用車などでの移動を考えるのではなく貸切バスがおすすめです。

目的地をわざわざナビにセットするような手間も不要です。

運転をする人だけがお酒が飲めないという不平等なことは起こりませんし、みんなで一緒に移動ができます。

グループによって目的地に着く時間が異なるということもありません。

 

お酒を仲間同士でおもいっきり飲める

社員旅行もそうですが、ゴルフの後とか観光旅行の道中はやはりお酒で乾杯をしたいと考える方は多いです。

貸切バスの旅行だったら、専属のドライバーがいますし運転手に気を使わないでお酒を仲間同士でおもいっきり飲めます。

座席のスペースがサロンタイプになっているバスだったら、宴会の雰囲気もさらに盛り上がることは間違いありません。

もちろん調子に乗って飲みすぎることは注意が必要ですが、周りに気を使わないでお酒を飲んではしゃぐのは最高です。

より素敵な思い出ができますし、会社の前などに迎えに来てもらって帰りも送り届けてくれるということもできて便利です。

 

ツアーでは味わえないオリジナル旅行ができる

貸切バスというのは、最初からコースが決まっているということはありません。

自分たちがどうしたいのかを話してその通りに動いてもらうことができます。

いきたいと思っている観光スポットを伝えたら、それに沿ったルート設定はもちろん立ち寄るスポットも考えてくれます。

さらに宿泊先の手配もしてくれますし、予算に合わせてしてもらえるので幹事さんが楽できることは間違いありません。

ツアーでは味わうことができないオリジナル旅行ができます。

 

貸切バスを選ぶ時どこを見れば良いか確認しよう!

(1)その会社の貸切バスを使った人たちの口コミや評判を確認

団体旅行やサークルなどの遠征、さらには社員研修などの際などの多くの人たちの移動を伴うイベントなどのときに目的地まで行く交通手段で欠かせないのが貸切バス福岡です。

ここに書いた以外にも貸切バスの需要というのはさまざまな所にあり、多くの場所で活躍し続けています。

それに伴いそうしたサービスを提供する観光バス会社なども増加傾向にあり、各社いろいろ独自のサービスやサポート内容などで他社との差別化を図ろうとしています。

では、そんなさまざまあるバス会社などから、どこが良い所で自分たちの団体の利用目的に最も適しているかということを判断する際には、どこを見ればよいのでしょうか。

そんなときに頼りになるのが、まずやはり実際にその会社の貸切バスを使った人たちの口コミや評判などです。

今では公式ホームページ上などにお客様の声などのコーナーを設けて、利用者の感想などを掲載している所も少なくありませんが、そこだけではなくいろいろな所での口コミを参考にするようにしましょう。

 

(2)バスの種類が豊富であるか、設備が充実しているか

その方がよりリアルな声を目にすることができ、その会社の強みや弱みなどが見えてきやすくなります。

特に近年では、貸切バスや夜間バスなどの長距離バスのドライバーの体調面での配慮がなされていないことが原因の事故が多発しているため、規制が厳しくなっています。

口コミサイトなどでは、そうした点も大丈夫かなどと言った情報が流れていることもあります。

全てを鵜呑みにするのも良くないですが、ここは怪しいという所を知るためにある程度参考にしてみるのも良いでしょう。

運航しているバスの種類が豊富であるか、設備が充実しているかなどと言った点も確認することが大事です。

あわせてチェック
全てのバスにトイレが付いているか、少人数向けのバスや車いす対応のバスを用意しているかなどという点からも、そのバス会社が多くのニーズに対応できるような所かということを見極める必要があります。

 

(3)地域密着型の中小バス会社の方が良いケースもある

また、バスを利用する目的によって大手が良いか、地域密着型が良いかなどという点からも会社選びを考えなければなりません。

必ずしも大手が全て良いというわけでなく、場合によってはその地域の道路状況や隠れた観光スポットなどを知り尽くした地域密着型の中小バス会社の方が目的を達成できる可能性もあります。

安全性評価認定を受けている会社かどうか、という点を見る選び方もあります。

これは安全対策に積極的に取り組んでいるバス会社であるかどうかということを、業界団体が評価・認定する制度で、この認定を受けている所は団体が決めた水準以上の安全対策をおこなっている、比較的安全性の高いバス会社であるといえます。