何かと話題になる神社本庁とは

「神社本庁って何?」
「神社本庁ってどこにあるの?」
「神社本庁からの離脱について知りたい」

日本には数多くの宗教があります。
代表されるのが仏教でありその仏教はさらに様々な宗派に分かれています。
キリスト教もまたプロテスタントとカトリックとにわかれており、様々な考え方が絡み合っているのが現状です。
仏教は日本由来の宗教のように感じますが、キリスト教と同じように海外から入ってきた宗教となっています。
主にインドや中国から伝来しており、その様子は日本の歴史の書物に数多く記載され、様々なものが出土され歴史的に保管されている状況です。
そのような中で日本固有の宗教となっているのが神社となっています。

神社とは

神社は神道の考え方により神々を祀るための施設であり、祭祀を執り行うことも多いです。
鳥居によって神の世界と人間の世界とを分けており、鳥居の内側は神域となっています。
日本に神道が生まれたのは自然と密着した生活を送っていたからであり、神社というものはないにしても山岳や川、森や岩、巨木などに神が宿っているとして、昔の人は生活に利用するものと神として祀るものとを分けていました。
いつしかその分け方が明確でなくなったため神社として神々を祀る場所を祭殿とし、区別するようになっています。
なお神社の周りを見ると数多くの木が植えてあり、森のようになっていますがこれは鎮守の杜と言われており、その中には神木があって神木には法連縄が締められています。

参拝の前には必ず手を綺麗にし身を清める

また神社には手水舎がありますが、参拝の前には必ず手を綺麗にし身を清めます。
神社の中に墓地がなく、葬儀なども行われないのは、神社の中は神域であり死をけがれととらえているためです。
すべては神道の考え方に基づくものであり、お墓などは一切建てられません。
近年では再び神道に注目が集まっており、鳥居の美しさや神社がある場所はパワースポットとして考えられるようになり、観光地のようになりました。
昔は結婚式も神社で行われていましたが、一時期キリスト教で行われる教会スタイルがもてはやされ遠のいた経緯もあります。
今では再び神前結婚式が行われるようになり、日本の伝統的な儀式を重んじるようになっています。

多くの神社を取りまとめている神社本庁

神道が注目されるようになってからよく聞くようになったのが神社本庁です。
日本には現在8万5千ほどの神社がありますが、登録していないものもあり実際には10万を超えていると言われています。
この多くの神社を取りまとめているのが神社本庁であり、すべての都道府県に必ず1つずつ設置されているのが神社庁です。
本庁という名前がついていますが、役所的な意味は全くなく宗教法人に基づいた文部科学大臣所轄の宗教法人となっています。
ここでは各都道府県の神社の事務や人事財政、それぞれの神職への指導や祭祀や地域活動の振興を図る活動を行っています。
神社庁そのものは広報的な意味合いがあり、多くの場合都道府県の中で比較的大きな神社の境内もしくは隣接地に配置されている特徴があります。

【参考】神社本庁とは?役割や取り組みについて調査

渋谷区にある明治神宮の横に設置されている

この神社庁を取りまとめている神社本庁もまた渋谷区にある明治神宮の横に設置されています。
なおすべての神社が神社庁に属しているわけではありません。
靖国神社や富岡八幡宮、日光東照宮などは属しておらず、近年ではこんぴらさんとして有名な讃岐の大神社が離脱をしました。
これは宗教の考え方の違いによって起きたのではなく、神社本庁の癒着疑惑、女性を宮司にしない、地域に寄り添わず地域の実情を理解していないなどのことが関係しています。
本来は神聖な場所であるはずなのに、神社本庁の幹部らが癒着をし訴訟も起きているため離脱する神社が増えているということになります。
なお日光東照宮は1985年と比較的早くに離脱をしていますが、後を追うように気多神社が2010年、梨木神社は2013年、そして事件が起きた富岡八幡宮が2017年に離脱しています。

本庁に属する神社で神主になる条件

神社本庁は宗教団体の一つとしてとらえられていますが、この本庁に属する神社で神主になるには様々な条件をクリアしなくてはなりません。
一般的なクリア事項として卒業する大学が決められており、皇学館大学か国学院大学のどちらかを卒業し、その後実務経験を積まなくてはなりません。
さらに神職養成講習会というものが神社庁で開かれており、そこに出席し知識を深め、さらに養成所に通って神社庁からの推薦を受ける必要があります。
必ず神社庁が絡んでおり、なりたいからと言ってなることができる職業ではありません。
仏教も修行を積みますが、それと同じように神道もまた様々な勉強を積んで理解を深める必要があります。
神社は若い人を中心に憧れの存在であり、今日本の良さが見直されています。

まとめ

本庁は再び注目が集まったことを冷静にとらえ、利益を求めず本来の目的を果たすべく努力をしなくてはなりません。
様々なトラブルが生じると離脱する神社が増え、どのような事情があるのかと不信に思う人も増えるので日ごろからそれぞれの地域の神社の実情をしり、対策を講じる必要があります。

ユーザーにとって役に立つサイトであればOK

サテライトサイトとは、SEO対策の手法のひとつで本命サイトに被リンクを集めるために、本命のサブとして立ち上げるサイトのことを指します。

被リンク数を増やすことでメインサイトのページランクが上昇し、アクセス数がのびるという仕組みです。

しかし、運営方法を誤れば反対にアクセス数を減らす可能性が高くなるため、導入するには注意が必要になります。

Googleのアップデートが行われる数年前までは、このサテライトサイトが非常に多く存在していました。

しかし、このアップデートにより、「明らかにランクアップ目当てで立ち上げられた、更新されない・質の悪いサイトからリンクを集めている」と判断された場合、Googleからペナルティを受けてしまいます。

このため、SEO目的でサテライトサイトを運営する場合は、いくつかのポイントをおさえた上で行う必要があります。

まず第一に、ユーザー目線に立つことです。

Googleは検索によって訪れたサイトに、ユーザーが満足するか、質の良いサイトであるかを常に審査しています。

他のサイトのアクセス数を上げるためではなく、ユーザーの役に立つコンテンツ・記事を掲載することが大前提となります。

次に、メインサイトの幅を持たせる方向でサブサイトを作る、ということを意識しましょう。

例えば、メインサイトで扱いたいけれど、あまりにジャンル・カテゴリが広がり過ぎると散漫になるため泣く泣くカットした内容を、サブサイトで扱うという方法でなら、サテライトサイトを運用する意味があります。

メインサイトの方向性やターゲット層がぼやけるのを防ぎ、なおかつ広がりを持たせることができます。

また、製品サイトや個別のサービスだけを取り扱った特設サイトなどを立ち上げるのも有効です。

そして、ペナルティを受けないようにするために、定期的に更新するということも忘れてはなりません。

長期間更新されていなければ、メインサイトの被リンク数を稼ごうとしているように見なされやすくなります。

動的であり、サービスの種類の幅を持たせるために必要であり、なおかつ頻繁に更新・メンテナンスされているということが非常に重要になります。

何より、Googleが判断基準としている「ユーザーにとって役に立つサイトであるか」という視点を、同じようにサイト運営者も持つ事によって、ユーザーにとってもメインサイトにとってもより有用なサテライトサイト作りが可能となるでしょう。

→格安の料金・プランについて

理想の結婚式を作ってあげるウェディングプランナー

ウェディングプランナーは、結婚のためのイベントのすべてを任される重要な職種です。

国家資格はないので免許がなければつくことができない仕事というわけではありませんが、持っていると役立つ資格というのは存在しているので、就職活動の際に重要視してもらえたり知識を身につけることによって実際の仕事にいかすこともできます。

ウェディングプランナーの仕事は、さまざまなことを臨機応変に対応しなければならないことになります。

ホテルや結婚式場などの会場専門のスタッフとして働く他にも、どこにも属さない単独のウェディングプランの企業であれば、結婚に関して幅広く対応しなければならないことにもなります。

結婚式の前の両家の顔合わせや結納からお手伝いをすることもあり、挙式や披露宴会場、二次会や三次会のセッティング、結婚写真撮影や新婚旅行までのお世話も任されることになります。

まずは、自分に結婚計画を任せてもらうためにも営業をかけるということから始まります。

新郎新婦やその家族、親せきの意見を取り込みながら理想の結婚に向けてのプランの企画書を作ることになります。

また、お客さんの希望だけでなくその会場で希望の日時に空きがあるのか、お客さんの要望に合わせて現場では対応できるのかなど、お客さんと会場、業者との都合を合わせる必要も出てきます。

結婚披露宴はたった一日だけのイベントになりますが、そのための事前準備には何日もかかることになり、何度もお客さんと会場や業者と打ち合わせをすることになります。

連絡ミスや手配わすれなどがあれば、一生に一度の結婚披露宴を台無しにしてしまうことにもなるので、気が抜けない仕事でもあります。

たくさんある事前準備の他にも、当日には必ず立ち合いをして二人の祝福するということも必要になるので、土日祝日に休みを取りたいという人には向いていません。

ウェディングプランナーは、お客さんから全てを任される立場であることから、書類を作ったり手配をしたりという技術の他にも、自分を信頼してもらえるかどうかという人間性も重要になってきます。

結婚披露宴が終わったらそこで関係が終了というわけではなく、その後にも結婚記念日にお祝いのお手紙を送ってみたりとアフターフォローも欠かせません。

そういった努力によって、自分が担当した新郎新婦から友人や親戚など他の人を紹介してもらえる可能性も高まり、営業の一環として欠かせないものとなります。ハワイ ウェディングプランナー 日本人

日用品からアートまで籔内佐斗司の様々な側面ともつ陶磁器

生活のなかでは馴染み深い食器として使われている陶磁器は、100均ショップで買える安価なものから、何億円もする歴史ある芸術品まで、様々です。

一般的に「やきもの」と言われる陶磁器は、陶器と磁器の総称で特徴も異なります。

陶器と磁器の違いについて

陶器と磁器は、原材料と焼き上げる温度に違いがあるのです。

陶器の原料は陶土といわれる粘土で、800~1200度の温度で焼き上げられます。

叩くとコンコンとにぶい音がして、透明度はなく、水を浸透する吸水性があるため釉薬が施されています。

磁器の原料は石を砕いた粉と粘土を混ぜ合わせたもの、1300度の高温で焼き上げられます。

叩くと金属的な高い音がして、光を通す透光性があり、硬く水は通さないといった特徴をもちます。

日本の食器には陶器が多く、洋食器は白くツルツルした磁器が多いのです。

日本の陶器の歴史は縄文時代に遡る

食べ物を煮炊きする器として、土を焼き固めて丈夫な器を作り始めたのは、新石器時代といわれます。

器を使用することで食の幅が広がり、食生活に大きな変化をもたらしたのです。

陶磁器の歴史は非常に古く、起源を明らかにするのは難しいとされています。

中国では紀元前2400年頃から、ろくろの使用が始まり、エジプト、アッシリア、ペルシャでは純白な素地の陶器である精陶器が作られていました。

美しい形と装飾性が高い、幾何学模様で知られる古代ギリシャの陶器は、古代ギリシャの人々の暮らしや神話の神々の姿が描かれ高い芸術性をもち、考古学的価値の高さで知られます。

日本の陶器の歴史は、複雑な文様が特徴の縄文土器が始まりです。

赤みのある色と実用性が向上した弥生式土器、さらに薄くなり実用性が増した土師器(はじき)。

5世紀頃、朝鮮半島から伝わった登窯と呼ばれる地下式の窯を用いて1100度以上の高温で焼かれ、青灰色で硬く、食器または祭祀用として使われた須恵器(すえき)があり、主に西日本では須恵器、東日本では土師器が使われていたとされます。

飛鳥時代後半にはガラス質の釉薬を施した緑釉陶器、奈良時代にはカラフルな色の釉薬を使う中国の唐三彩の技術が伝えられ、日本でも黄色、緑、白の釉薬を用いた奈良三彩とよばれる、やきものが作られました。

日本六古窯

平安時代には、高い温度で焼かれる植物灰を釉薬に使用した灰釉陶器も作られました。

その後の、鎌倉、室町時代に、常滑(とこなめ)、信楽(しがらき)、備前(びぜん)、瀬戸(せと)、丹波(たんば)、越前(えちぜん)といった、現代にも伝わる有名なやきものが作られるようになりました。

これら6つの古い900年以上の歴史がある窯は、「日本六古窯」と呼ばれています。

常滑焼は、酸化鉄を発色させてつくられる赤い色が特徴です。

常滑焼の急須は、酸化鉄がお茶の成分であるタンニンと反応して、苦みや渋みをまろやかにしてくれるとされています。

・信楽焼

狸の置物で知られる信楽焼は、素朴な手ざわりと風合いが特徴です。

狸のイメージが非常に強い信楽焼ですが、室町時代には、千利休や多くに茶人に愛されていました。

狸が作られるようになったのは、昭和初期からなのです。

・備前焼

備前焼は、1200~1300度の高温で約2週間焼き締めるため、投げても割れないと言われるほど丈夫。

微細な気孔があり、通気性にも優れるため、花瓶や美味しくビールが飲めるビールグラスとして使用されています。

・瀬戸焼

瀬戸焼は、「せともの」と呼ばれ、日本のやきものの総称として呼ばれるほど、日常的に使われる食器類で見かける陶器です。

・丹波焼

丹波焼きは素朴な風合いが特徴。

1300度に達する登り窯によって、60時間焼成されます。

燃料である薪の灰が釉薬と溶け合って変化することで、「灰被り」とよばれる独特の模様や色が生まれ、観賞用としても喜ばれます。

・越前焼

越前焼は、常滑焼の技術を導入して作り始められたとされます。

あたたかみのある自然釉が魅力。

素朴で頑丈、日用品としても広く使われてきました。

自宅で手軽に陶磁器作りを楽しめる

この「日本六古窯」以外にも、久谷焼や美濃焼といった多くの窯元があります。

キッチンで最もお世話になるのは、食器や土鍋で知られる萬古焼。

18世紀頃、現在の三重県桑名の豪商、沼波弄山(ぬまなみろうざん)が創始とされています。

ツルツルと手ざわりが良く耐水性に優れ、匂い移りしにくいため、料理の道具として最適なのです。

現代では陶磁器作りは、気軽にご自宅で楽しむことができます。

オーブン粘土という、160~190度の低温で硬化する低温硬化粘土を使用すれば、ご家庭のオーブンで簡単に陶磁器を焼き上げることができるのです。

専用の防水、耐油コートを塗れば食器としても使用可能。

ろくろといった成形のための道具がなくても、指先でつまんで粘土を伸ばす、手ひねりの手法で味がある世界で1個の個性的な器を作ることができるのです。

もちろん、器だけではなく粘土細工の感覚で可愛い箸置きや、金具を接着すればピンバッジなどの雑貨も作ることができるのです。

お子様が作った粘土細工もオーブンで焼けば、籔内佐斗司さんのようなアートな逸品に仕上がるかもれません。

籔内佐斗司の作品販売「GALERIE AZUR」より

ゼファルリンで男としての自信を得られました

私が増大サプリのゼファルリンに手を出したのは、当時交際していた彼女に振られたことがキッカケでした。

付き合って半年ほどだったその彼女は、私との夜に不満があり他の男性と浮気をしてしまったのです。

浮気をされたことももちろんショックでしたが、何よりその理由が私の心を粉々にしました。

それからしばらくは立ち直れず、空虚な毎日を過ごしていました。

そんなときに、ゼファルリンの存在を知ったわけです。

正直男性器を大きくするなどという効果は眉唾モノだと思っていましたが、あの頃の自分には非常に魅力的に思えました。

私は衝動的に購入すると、それから毎日のように飲むようになりました。

結論から言うと、最初の1ヶ月間は何の効果も感じませんでした。

ネット上の口コミを見ると1週間ほどで大きくなったとの声もありますが、さすがにあれは誇張をしていると思います。

いくら個人差のあるものとはいえ、海綿体の成長は1週間では成されません。

これから購入する人たちには、そういった大袈裟な評価に惑わされないようにしてほしいです。

私はそれを解っていたので、1ヶ月間効果がなくともまだ続けようという気持ちになれました。

変化が出たのは、その1ヶ月を過ぎてからです。

ハッキリと言ってしまえば私は性欲が強い方なので、自慰行為も頻繁にします。

ですから毎日のように、勃起した状態での大きさを確認していました。

ある日その自慰行為をする際に、明らかな性器の増大を実感できたのです。

具体的には、手で掴んだときの感触が変わりました。

間違いなく私の性器は、以前に比べ手に余るようなサイズになっており、太さも若干増したような気がしました。

これには思わず高揚感を覚え、ゼファルリンに対する個人的な評価は急上昇したのです。

以降は、定期的にメジャーで長さを計測するようになりました。

ゼファルリンを飲む前は勃起状態でも9cmほどしかなかったため、日本人の平均を基準にしてもかなり小さい方だったと思います。

それが効果を感じられた1ヶ月目の段階で10.5cm程度になり、3ヵ月目に到達したくらいには12cmを少し超えるくらいの大きさにまでなっていました。

これでも小さい方なのかもしれませんが、伸び幅を考えると十分過ぎる効果と言えるでしょう。

ただ、一体どこまで大きくなるのかと期待していた矢先に、突然増大効果はストップしてしまいました。

私は最終的にゼファルリンを半年間飲み続けたのですが、3ヶ月目時点での数字がピークであり、残りの3ヶ月間はあまり意味がなかったような結果になってしまいました。

さすがにどこまでも大きくできるわけがありませんから、私の性器に関してはここが限界だったのでしょう。

贅沢を言うべきではないですが、少しガッカリしました。

とはいえ、12cmもあれば恥をかくこともありません。

当時の彼女に打ち砕かれてしまった心は、この頃には完全に修復されていました。

普段人に見せるような場所でもないですし、小さくても構わないという女性も大勢いるとは思います。

しかし仮に自己満足な範囲であったとしても、やはり男性器が大きいというのは嬉しいものです。

続けてきて本当に良かったなと感じています。

ゼファルリンは、副作用が全くなく非常に飲みやすかったです。

他の増大サプリの中には頭痛や吐き気を起こしてしまうものもありますが、さすがは日本人の体質に合わせて製造されているだけのことはあります。

私は半年間何の身体の異常も感じずに、増大に成功させることができました。

新しい彼女を作るのが、今から楽しみで仕方ありません。

もう二度とあのような理由で振られたくないですし、大好きなパートナーを満足させてあげたいのです。

新しい自分に生まれ変わったようなつもりで、これから生きていきたいです。

■ゼファルリンで男性としての自信が戻った

昔からそんなに大きい方ではなく、30代後半になってからは年齢のせいか年々少しずつ性欲が減ってきていて、気が向いて妻を夜に誘ったときにも、あまり大きくも固くもならず、持続もせず、中折れしてしまうことも多くてがっかりさせてしまっていて、誘って気まずい空気になりたくないという気持ちからセックスレスになってしまっていました。

でも、そんな生活が続いていたある日、妻からこのままでは寂しいし、できればもう一人子どもも欲しいと思っているということを打ち明けられて、妻にこれ以上辛い思いをさせたくないと思い、効果的な方法を調べて試してみることにしました。

まずは、ドラッグストアやコンビニなどで気軽に購入することができるマカやマムシのドリンクを飲んでみたのですが、初めは何となく気持ち的に変わったような気がしたのですが、いざ確かめてみるとサイズも固さも変わっていないばかりかすぐに性欲もどこかにいってしまい、失敗に終わりました。

次にインターネットで口コミの評価が良さそうだったサプリメントを注文して飲んでみたのですが、体質に合わなかったようで動悸や腹痛、湿疹などができてしまい、効果を感じられるまで続けることができませんでした。

他にも性欲増強に効くという食事を摂ったり、生活習慣を見直してみたりとあらゆる方法を試してきたつもりだったのですが、いずれも効果はなく、妻と一緒にもう諦めようという話をするようになりました。

それでも、心のどこかではまだ妻の期待に応えてあげたいし、男性としての自信を取り戻したいという気持ちは持っていて、悶々と過ごしていました。

そんなときに昔から付き合いのある悪友にたまたま会う機会があり、思い切ってそのことを相談してみると、実は彼も同じようなことで悩んでいたが、ゼファルリンを飲むようになってから驚くほどに改善されたと教えてくれたのです。

正直、サプリメントは以前体調を崩してしまったから抵抗があると伝えると、ゼファルリンは天然由来の成分が多く配合されているし、日本人の体に合わせて作られているから大丈夫だとすすめられて、騙されたと思ってこれだけ試してみようかという気持ちになってきました。

自宅に帰ってからゼファルリンについて調べてみると他のサプリメントのように派手なホームページはなく、だからこれまで見落としてきていたのかもしれませんが、逆に好感が持てたので購入することにしました。

妻に相談せずに注文していたのですが、受け取った妻にも何が届いたかわからないくらいの地味な包装になっていて、ますますきちんとした商品だと感じ、早速飲んでみたのですが、数日ではやはり効果を感じることはできませんでした。

体調に変化はなかったのでそれでも諦めずに飲んでいると、1ヵ月くらいでサイズや固さに変化を感じ、ちょっと欲求が出てきた感じがして何年振りかに妻との夜の生活に成功することができました。

と言ってもその時はまだ、全然持続力はなかったのですが、妻は大変喜んでくれました。

それからも飲み続けていると3ヵ月後にはすっかり結婚当初の頃に戻り、半年を過ぎる頃には、10代の頃にもなかったような性欲と、大きさ、固さに生まれ変わることができ、持続力もゼファルリンを飲み始める前の10倍ほどになってしまいました。

自分としてはここまでになると少し困ると思ったのですが、妻はとても喜んでくれていますし、この調子だとすぐにかわいい子どももできそうな気がします。

ゼファルリンを飲み始めたおかげで男性としての自信を本当に取り戻すことができましたし、妻の期待にも応えてあげることができ、これからも円満な家庭を築くことができそうです。

■思い切ってゼファルリンを試してみました

10代の頃からずっと男性器の小ささがコンプレックスでした。

少しだけ小さいだけならともかく、友達などの比べて半分くらいしかサイズがなかったからです。

そのせいで大好きな銭湯や温泉などにも成人してからも行き辛かったですし、正直女性と夜の関わりを持つことへの抵抗感や恥ずかしさもずっと感じていました。

このままではいけないと考えて、思い切って試してみることにしたのがゼファルリンでした。

日本人の体質に合わせて開発された日本製のサプリメントだといった点がまず魅力的に見えて、海外の怪しいサプリメントや健康補助食品の購入は普段避けている僕でも購入したいという気になれたからです。

実際に効果のあったという体験者の声が、口コミサイトなどネット上を中心に多く投稿されているというのにも期待が持てました。

これなら僕の男性器にもいい影響が出るのではないかと購入に踏み切ったのです。

薬ではなくサプリメントなので、副作用がないといったメリットも僕にとって大きな魅力でした。

サプリメントなら自分に合わないと感じた段階ですぐに止められますし、ネット通販で気軽に購入できるというのも楽なので便利です。

いきなり薬に頼らずまずはサプリメントから試してしたというのも、今となってはいい判断だったのではないかと認識しています。

結論から言ってしまえばゼファルリンは本当に男性器を大きくする効果があり、実際僕の身体にもその効果が現れました。

定規などで計ったわけではありませんのであくまでも目測なのですが、2倍とまではいきませんが1.5倍くらいにまでは大きくなったと感じました。

精力の強さが高まりすぎて私生活に支障が出るようなこともありませんでした。

単純にサイズがアップしただけで、他の体調不良なども特には感じませんでした。

アミノ酸やアルギニンが豊富に含まれているのだろうというのも、実際に飲んでいたら体感できました。

男性器の増大いった一点に関して言えば、根拠は僕の体験となってしまいますがかなり強力だと言えるでしょう。

ただ1ヶ月ほどゼファルリンを試し続けて感じたのが、普通の医薬品などと同じように水で飲まなければ効果が薄れてしまっているようにも感じられました。

一度オレンジジュースと一緒に朝飲んだのですが、普段よりあまり効果が感じられなかったからです。

事実口コミサイトや体験者ブログなどでも同じ意見があったため、お茶やジュース、コーヒーなどとは一緒に摂取しないほうがいいでしょう。

風邪薬などと違い朝昼晩と決まったタイミングで飲まなければならないといったルールはないので適当なタイミングで飲んでいたのですが、朝だから夜だからといった理由で効果に差が出るとは感じられませんでした。

ただ何となくではありますが、大量に汗をかいてしまった日の効果がイマイチだったと言えます。

逆に言えばそれ以外の毎日はきちんとした効果が実際にあったので、飲むタイミングはあまり関係ないと捉えておいて構わないでしょう。

ゼファルリンを飲み始めてからもうひとつ実感したのが、勃起が維持される時間が長くなったということです。

おそらく亜鉛の効果だと思われるのですが、固くなった状態が維持されるのは個人的に嬉しかったです。

ゼファルリンのおかげで夜の夫婦生活が楽しくなったという意見がネット上にあることも頷けます。

今でもゼファルリンを飲み続けていますが、少なくとも身体に悪影響が出たことは一度もありません。

サプリメントの種類によっては頭痛や下痢などを引き起こしてしまう方もいらっしゃるようですが、僕の場合そのような問題は発生しませんでしたので、僕の体験談から言わせてもらうなら安全な商品だと断言できます。