ハッピーマムで英語教育!~脳の容量は無限大~

今の日本はグローバル化が急速に進んでいます。

これは一部のグローバル企業だけの問題ではありません。

日本を訪れる外国人も増え、外国に行かなくても外国人と接する機会が増えています。

こんな中、自分の子供にも幼児期から英語を学ばせたいと考えてる方も多いのではないでしょうか。

よく耳にするのは、

「そんな早くから英語を学ばせて、日本語の習得はどうするんだ。まずは日本語をきちんと勉強してからだろ」

といった声です。

英語を学ぶ前にまずは日本語からという気持ちは分かります。

今までの多くの日本人は、日本語を使って英語を学んでいたのですから、こういった感覚になるのはある意味当然です。

■英語を早くから学んでも日本語習得にまったく影響しない

宮城県仙台市のとある幼稚園では、英語教育に力を入れており、イマージョン(いわゆる「英語漬け」)のクラスもあります。

ここでは高校生まで塾として英語を学ぶプログラムがあるのですが、小学校低学年あたりになると、ネイティブの人と同じくらい流暢に英語を話しています。

高校生になると、日本人が日本語でプレゼンをするよりも上手に英語でプレゼンをします。

この幼稚園の園長先生に、上で述べた不安をぶつけたところ、こんな答えが返ってきました。

「英語を早くから学ばせることは日本語の習得にはまったく悪影響はありません。脳の容量が英語に割かれて、日本語が入るところが少なくなるということはないのです。むしろ、『言語の習得能力』という点に関しては、お互いに良い影響を与えるのです。」

脳の容量はそもそも無限大ですし、英語を使うときの脳と日本語を使うときの脳は、別腹のようなものなので、片方ばかりやるともう片方が入らないということはありません。

英語を学ぶための物理的な「時間」を割かれることは間違いないですが、その分、子供が家に帰ってから日本語で話をすればそれでよいと思います。

ちなみに、言語の習得は、テレビの音声ではできないそうです。

実際に人が話している声でなければいけないのです

だから、子供に英語を学ばせるために家庭で英語のDVDを見せるだけではほとんど効果は得られません。

それをきっかけに英語に興味を持って学ぶことに抵抗感がなくなるということは期待できますが。

■ハッピーマムの英語教育理論

脳の話をもう少しすると、外国語が堪能な人は、脳のスイッチをそれぞれの言語に切り替えるそうです。

つまり、日本語を英語にしたり、英語を日本語にしたりするのではなく、私たちが日本語を操る要領で、英語を英語のまま操るそうです。

また、この幼稚園では、「ナチュラルアプローチ」というものを大切にしており、様々な活動を英語で行うことで、自然に英語を身につけていきます。

まさにハッピーマムで行っている英語教育ですね。

そもそも私たちは日本語をそうやって習得してきたのではないでしょうか。

親や兄弟と遊んだりする中で、話していることを「聴き」、真似して「話し」、ひらがなやカタカナを覚えてきたら絵本をたどたどしく「読み」、鉛筆の持ち方もよく分からないうちから、おぼつかない文字を「書く」。

日本語を「勉強」するよりももっと前に、日本語を話せるようになっていたはずです。

今までの日本の英語教育は、まずはアルファベットを覚えて例文を「書き」、先生の発音に従って「読み」、文法を習います。

2006年に大学入試センター試験にリスニングが課されるようになってからは、英語を「聴き」、英語4技能の習得がさけばれてからようやく「話す」授業が増えてきました。

そもそも順番がほぼ逆なのですね。

■間違った英語教育を行ってきた日本

大学入試では英語4技能を測ることを文部科学省が求めています。

今までの英語教育を見直せということですね。

私はこの改革に大賛成です。

小学生から英語が教科の中に入ってきますが、グローバル社会においては至極当然のことです。

良い方向に向かってほしいです。

大人になってからも言語の習得は可能です。

もちろん幼いうちから始めるのがよいとは思いますが、死ぬまで脳は成長し続けることができます。

欧米の人は、単語を少し知っているだけで、その言語を「話せる」と言ってしまうそうです。

日本人の感覚からするとあり得ないですよね。

まずはこの壁を壊すことからです。

私は外国の友人が多くいますが、会話で使う英語はほとんどこれらの友人から学びました。

学校で習った英語は中学校程度で十分です。

近くに英語が話せる外国人がいたら、積極的に話しかけてみましょう。

単語を3個知っていれば英語は「話せる」のです。

先日ある国立大学の工学部の先生と話す機会がありましたが、高校生までで特に身につけてほしいことは何ですかという質問に対して、「英語です」とはっきりおっしゃっていました。

ただ、英語を流暢に話せるようにしてくれということではなく、少なくとも英語で話す抵抗感、英語を学ぶ抵抗感をなくしてほしいとのことでした。

今後ますます加速していくであろうグローバル化、自分の子供に何を身につけさせるべきか、英語のみならず、考えていきたいですね。

大学入試のために予備校に通っている人が沢山いる

高校を卒業したら大学に行くことを希望する人の数が増えていますが、大学に入るには試験に合格をする必要があります。

試験内容については国立と私立で違いますし試験科目も文系と理系では変わって来るので、どこの大学に入ってそこで何がしたいのかをしっかりと考えてから受験勉強を始めた方が良いです。

大学入試に受かるには相当勉強する必要がありますが、中には市販のテキストを購入して独学で一生懸命勉強している人もいます。

一人で黙々と勉強することが出来ればそれでも良いのですが、一人だとつい遊んでしまうと言った人には独学はあまりお勧め出来るものではないです。

そういった人は予備校に通って勉強をすれば良いのですが、そこではプロ講師の白熱した講義を聞くことが出来ます。

こういったプロ講師は教え方が上手い上に楽しい話しもしてくれるので、飽きずに勉強をすることが出来ます。

ただこのような講義を受けるだけでは合格するのは難しいので、しっかりと復習をすることが大切です。

また中には大学受験に失敗してしまう人もいますが、その場合には1年浪人して再び大学入試を受けると言う方法もあります。

中には1年間家に籠って独学で勉強している人がけっこういますが、余程忍耐強い性格でないとなかなか1年間一人で勉強するのは難しいです。

また参考書を読んでいて分からない箇所があっても誰にも聞くことが出来ないので、そういったことを考えて予備校に通って学んでいる人が沢山います。

大きな予備校ともなると浪人生のためのカリキュラムを組んで徹底的に指導してくれるところがあるので、そういったところに行って1年間しっかり勉強すると言う方法もあります。

大切なことは志望校に合格すると言うことなので、そのためには何をすれば良いかしっかりと考えて勉強をする必要があります。

浪人生の中には朝から晩まで予備校で勉強する人も沢山いますが、そういった人達の中で生活をしていると自分も勉強しなければと言う気持ちになって来ます。

1日中しっかりと勉強していれば成績もどんどん上がるので、もっと偏差値の高い大学に志望校を変更する場合もあります。

ただ重要なことはどの大学に入って何を学びたいかと言うことなので、そのことをよく考えて勉強をすることが大切です。

もちろん1年中勉強するのはとても大変なことなので途中で嫌になってしまうこともありますが、その場合には大学生活を楽しんでいる自分を想像して勉強をするのが良いです。

 

参考サイト:駿台予備校の基本情報