理事長畑氏も気になる作新学院が選ばれる理由

作新学院は栃木県宇都宮市に位置し、一の沢キャンパスでは幼稚園から高等学校まで、清原キャンパスでは女子短期大学と大学、大学院が設置されているなど生徒数は約6,500人の大規模な学校である特徴を持っています。
そのため作新学院が選ばれる理由の一つに初等教育から高等教育、大学で行われる専門教育まで一貫した独自の教育システムが採用されている総合学院であることが挙げられます。

関連情報:畑恵

作新学院が展開している教育システムの特徴

作新学院が展開している教育システムは、年齢に応じて変化しており特に幼稚園では子供がのびのびと成長できることをキャッチフレーズとしています。
学習内容には人や様々なもの、自然と触れ合うことにより普段では学ぶ機会が少ない体験を行うことができるようにカリキュラムが組まれます。
幼少期より協調性を養うことをはじめ、自身の頭で考えて行動したり心で感じる学習を行うことで、人間としての様々な成長ができる教育環境が整えられています。

幼稚園

作新学院の幼稚園では人を頼るだけではなく、自分で考え自分の力で行動できるように成長することを目標として教育が行われていることが最大の特徴であり、幼稚園から小学校に進級することでまた独自の教育システムが採用されます。

小学部

小学部は県内で唯一となる私立小学校であるため、公立にはない私立ならではの特色を活かす教育が積極的に導入されています。
生徒一人ひとりの良い部分を伸ばす指導を行うことはもちろん、人を思いやる優しさであったり心の豊かさを持った人になることができるように、知育で学力を伸ばしていくだけではなく成長期の身体をつくる体育や、心を育てる徳育といった幅広い教育をバランスよく行われるように指導されるので、この学校を選んだという親御さんは少なくありません。

中等部

作新学院の中等部では生徒一人1人の特色や強みを活かすための個人指導が導入されます。
公立では一つのクラスの生徒数が多く、教師が生徒の特色を把握したり生徒に応じた教育を行えないことが問題点でしたが、この学校では少人数制の個別指導を導入することにより教師と生徒がより近くなり、よりきめ細やかな指導を受けることができることから、その生徒が苦手としている部分を補うサポートを行ったり、得意なことをさらに伸ばしていく指導をしていくことが可能です。
教育内容としては基本となる知育に加えて徳育や体育など小学校でも行われてきたカリキュラムに加えて、さらに身体が大人に成長していくこの時期に重要となる食育にも力をいれていることが特徴となっています。
教育面では従来の詰め込み教育で知識ばかりを身につける教育ではなく、生徒がのびのびと学ぶことを重視し生徒自身が学習することを楽しいと感じたり、苦手な分野にも挑戦していけるような学習環境をしっかり用意することで、理想的な環境をサポートすることが可能です。

高等学校

高等学校ではさらに生徒ごとの専門教育を行っていくため、4部23の選択領域に分かれて学んでいく独自のカリキュラムが用意されています。
高等学校の中には希望するコースを選択する学校も少なくありませんが、選択領域がこれだけ細分化されているケースはこの学校の最大の特徴の強みでもあり、生徒の能力や将来の目標に応じて適切なコースでの専門学習が受けられるようになります。
実際に選択できるコースには国立大学を目指す生徒に向けたトップ英進部や英進部、総合神学部や情報科学部に所属することが可能です。
それぞれのコースで個人に合う学習カリキュラムが用意されているので、生徒のレベルに応じた学習を教師がしっかりサポートします。

医歯薬系の大学への進学を希望する生徒にもおすすめ

実際に高等学校の卒業生の中には東京大学や京都大学といった有名な国公立大学に進学した生徒をはじめ、早稲田大学や慶応大学といった難関私立大学に進学をしている生徒も数多くいます。
他にも医歯薬系の大学への進学を希望する生徒など生徒の希望する進学先へ進むためのしっかりとした学習サポートが受けられることが、作新学院が選ばれている理由です。
もちろん高等学校から大学や短期大学へ進学する生徒も多く、大学では経営学部や人間文化部、幼稚園教育科や心理学研究科、経営学研究科など様々な学科が設置されておりそれぞれの場所で生徒に合う深い学びを行えます。
そして他学部聴講や単位互換といった独自の制度も設けていることから、一つの学部に限定せずに自分の興味のある多様な分野で学びを深めたり、学生同士のコミュニケーションが行えることも大きな強みです。

まとめ

またキャリア支援にも力を入れており、就職希望の生徒の就職率は大学は99%、短期大学では100%の就職率を誇ります。
高い就職率の理由としては、幼稚園から大学で一貫して行われている独自の教育システムにより創造力や国際力、コミュニケーション力といった高い人間力を総合的に培う教育環境が影響しており、社会に適応する人材の育成が高い就職率に繋がっており、多くの企業から求められています。

スポーツ選手の講演会とはどういうもの?

●スポーツ選手の講演会とは

スポーツ選手の講演会とは、現役のスポーツ選手や現役を引退して監督やテレビやラジオの解説などで活躍している元スポーツ選手が自身の経験を同じようにスポーツで上達を目指している人たちを集めてノウハウなどの講演をする会です。

スポーツは見ている人々に感動と興奮を与えてくれます。
そのようなスポーツで活躍している選手の裏側には見えないこれまでの努力や精神力の鍛錬、チームスポーツであればチームのメンバーやスタッフ同士の絆などが隠れています。

その興味深いエピソードを踏まえた心に響く講演を通して、スポーツ選手個人のメンタル強化やチームの組織力の強化、指導者の指導力の強化のためのアドバイスを伝えることが目的となります。

●現場のプロと言える選手から直接話しが聞ける機会は滅多にない

スポーツと言っても様々なスポーツがあります。
種類によっても練習方法や試合などに臨むときの気持ちの持ち方なども違ってきます。

また、それぞれ活躍している選手がいるように練習方法や指導方法なども確立していないのが現状です。
日々進歩を続けているそのような現場のプロと言える選手から直接話しが聞ける機会は滅多にありません。

それをそのまま実践して自分の力とすることができるようなものもあれば、それを自分で応用できるものまで様々です。
現役選手であれば活躍するためのモチベーションの上げ方や保ち方などの精神面や普段の生活面で気を付けていることなどは非常に参考になります。

●選手のときとはまったく違った視点で選手へ指導している場合もある

現役で活躍できるようになるまでの実際の練習方法などもこれから上を目指すようなスポーツ選手には非常にためになるアドバイスとなるでしょう。
現役を引退して指導者として活躍している人であれば、同じように指導者として選手を指導している立場にいる人にはとてもためになるアドバイスとなります。

選手のときとはまったく違った視点で選手へ指導している場合もありますし、指導者としての独自の視点を持っている人もいます。
そのような人達の話しを聞いて参考にすることで自分自身の指導力を向上させることも可能となります。

現役の選手の場合は、選手としてのアドバイスだけでなく自分を応援してくれているファンへのサービスも講演会に含まれる場合もあります。
ファンたちからの質問に答えたり、一緒にそのスポーツをすることで直接アドバイスを与えたりファンとの交流を深めることを目的とした講演会もあります。

集団スポーツなどは言葉だけで伝えるよりも実際に一緒にそのスポーツをすることで的確なアドバイスをすることができます。

大学入試のために予備校に通っている人が沢山いる

高校を卒業したら大学に行くことを希望する人の数が増えていますが、大学に入るには試験に合格をする必要があります。

試験内容については国立と私立で違いますし試験科目も文系と理系では変わって来るので、どこの大学に入ってそこで何がしたいのかをしっかりと考えてから受験勉強を始めた方が良いです。

大学入試に受かるには相当勉強する必要がありますが、中には市販のテキストを購入して独学で一生懸命勉強している人もいます。

一人で黙々と勉強することが出来ればそれでも良いのですが、一人だとつい遊んでしまうと言った人には独学はあまりお勧め出来るものではないです。

そういった人は予備校に通って勉強をすれば良いのですが、そこではプロ講師の白熱した講義を聞くことが出来ます。

こういったプロ講師は教え方が上手い上に楽しい話しもしてくれるので、飽きずに勉強をすることが出来ます。

ただこのような講義を受けるだけでは合格するのは難しいので、しっかりと復習をすることが大切です。

また中には大学受験に失敗してしまう人もいますが、その場合には1年浪人して再び大学入試を受けると言う方法もあります。

中には1年間家に籠って独学で勉強している人がけっこういますが、余程忍耐強い性格でないとなかなか1年間一人で勉強するのは難しいです。

また参考書を読んでいて分からない箇所があっても誰にも聞くことが出来ないので、そういったことを考えて予備校に通って学んでいる人が沢山います。

大きな予備校ともなると浪人生のためのカリキュラムを組んで徹底的に指導してくれるところがあるので、そういったところに行って1年間しっかり勉強すると言う方法もあります。

大切なことは志望校に合格すると言うことなので、そのためには何をすれば良いかしっかりと考えて勉強をする必要があります。

浪人生の中には朝から晩まで予備校で勉強する人も沢山いますが、そういった人達の中で生活をしていると自分も勉強しなければと言う気持ちになって来ます。

1日中しっかりと勉強していれば成績もどんどん上がるので、もっと偏差値の高い大学に志望校を変更する場合もあります。

ただ重要なことはどの大学に入って何を学びたいかと言うことなので、そのことをよく考えて勉強をすることが大切です。

もちろん1年中勉強するのはとても大変なことなので途中で嫌になってしまうこともありますが、その場合には大学生活を楽しんでいる自分を想像して勉強をするのが良いです。

 

参考サイト:駿台予備校の基本情報