株式会社ゴールドリンクで少額から積立投資を始めよう!

将来に備えて投資をしたいと興味を持ってはいるものの、お金もないし具体的に何から始めたらいいのかわからないという方も多くいるかもしれません。

少額から始められる方法で将来に備えたいと考えているのであれば、株式会社ゴールドリンクの利用を検討するのも1つの手です。

株式会社ゴールドリンクを利用することで、安定性がある金やプラチナの投資を始めることが可能です。

 

金やプラチナなどに投資するメリット

金の投資というのは聞いた子があるものの、具体的にどのようなメリットがあるのかわからないという方も多くいます。

 

⒈希少性が高い

そもそも金やプラチナなどに投資するメリットの1つが、希少性が高いという点です。

特に金というのは、約6000年前に発見されたものでありながら、現代でも高い価値を誇っています。

しかし世界に存在している金の量には限りがあるため、年間の採掘量も年々減少しています。

採掘量が減ってきたからといって、その価値までもが下がっているわけではありません。

無価値になることがないからこそ、多くの方が注目する投資になっているというのもポイントの1つです。

例えば株や債券などの場合には、急激に価値が低下して紙屑同然の価値になってしまうこともあります。

一方で金やプラチナの場合には、世界共通の価値があるので全くの無価値になる可能性は低いのです。

 

⒉金は無国籍通貨とも呼ばれるような存在

そして金の投資の魅力の1つが、無国籍通貨とも呼ばれるような存在であるという点です。

さらに実物で保有していたとしても、腐食や酸化に強いので錆びたりする心配もなく投資ができるというメリットがあげられます。

きれいな状態で保管してあれば、それだけ価値を保ち続けることにつながります。

将来に備えて預金をしているという方にとって注意が必要になるのが、通貨の価値が下がってしまう経済現象であるインフレです。

インフレがあると、通帳の残高が多くても価値が下がってしまう可能性もあります。

一方で金やプラチナの価格というのは、インフレ懸念が台頭すると上昇していくものです。

そのためインフレのときに金を保有していることで、資産の価値が下がっても対応しやすくなります。

 

⒊分散投資にも適している

さらに分散投資にも適しているというのが、金やプラチナにおけるメリットの1つです。

株や債券とは異なる動きをするからこそ、分散投資を行って将来に備えるという選択肢があげられます。

 

株式会社ゴールドリンクの積立投資の魅力

金やプラチナ投資の魅力はわかっても、お金がないから自分には縁のない話だと思ってしまう方も多くいます。

しかし現在の貯金が少ないという方でも、株式会社ゴールドリンクの積立投資であればチャレンジできるかもしれません。

金の積立投資の場合には、最初に購入金額を自分の好きなように決められます。

まとめて100万円を出すのは難しくても、月に5000円程度からなら無理なく投資に回せるという方もいるでしょう。

無理のない金額設定を行って、将来に備えられるように考えていきましょう。

また純金積み立てと言われても、価格の変動によって余分なコストがかかるというイメージを持っている方もいるかもしれません。

株式会社ゴールドリンクの場合には、最初に決めた価格から変わることはないのです。

最初に5000円と決めたら、その後もずっと同じ価格です。

同じ額の投資でいいからこそ、難しいことを考えずに資金の計画が立てやすいというメリットがあげられます。

 

プラチナも定額で投資を始められる

純金と同じように、プラチナも定額で投資を始められるというのが株式会社ゴールドリンクにおける特徴の1つです。

プラチナというのは、金以上に地球に存在している量が少ないので希少価値が高くなっています。

装飾品にしか使われていないと思っている方もいますが、実は別の形でも活用されています。

例えばプラチナは、自動車の触媒に活用して排気ガスを抑えるシステムにも使われているのです。

さらに燃料電池や化粧品、さらにか医薬品など幅広い分野で活用されているものでもあります。

これからの市場規模が拡大する可能性があるからこそ、プラチナの積立投資を行うことにメリットが生まれます。

実際に金やプラチナの積立投資を始めたい場合のポイントの1つが、自分に合った形ではじめるという点です。

毎月一定の金額を投資していくといっても、無理な金額設定にすると続けるのが難しくなってしまうこともあります。

一方で投資に回す金額が少ないと、思うような利益が期待できないということもあるでしょう。

さまざまな視点から総合的に考えたうえで、どのような金額にするか検討することが大切です。

 

まとめ

株式会社ゴールドリンクの金やプラチナの積立投資は、手軽に始められるというのもメリットの1つです。

手軽に始められるといっても、しっかりと情報収集を行ったうえで検討することが必要です。

情報を集めて検討するからこそ、より良い形で投資をすることにつながります。

金額設定などで迷った場合には、実際に投資を行った経験がある方の意見などを参考に、どのような形で行っていくのが適しているか検討することも可能です。

純金積立で将来の安心を

無理をせずに将来のために資産を残したい人にお勧め

将来に向けて資産運用がしたい、できるだけ確実な資産を残したい人は、「純金積立」がおすすめです。

名前は聞いたことがあるけれど、いまいちどう言ったものなのかわからないと言う人は、多いのではないでしょうか?

純金積立とは、毎月一定価格を積み立ててその時の金の価格に基づき純金を購入すると言うものです。

今は金の価値が上がっている時代です。

現金を銀行に預けたり、株式投資をするよりも確実だと唱える人も多いのです。

なぜ金が良いのかと言うと、2000年以降に急激に金の価格が上昇しているのです。

9.11のアメリカ同時多発テロが金の価格上昇のきっかけの一つと言われています。

さらに、サブプライムローン問題などもドル安と金価格の高騰の要因とされているのです。

リアルタイムで変動はありますが、2000年以降はずっと高い水準を保っているため、信頼できる投資として始める人が増えているのです。

しかし純金を買うと言っても価格が高いのでは?と心配になる人もいるでしょう。

この運用の良い所は、毎月1.000円単位の少額から始められるのがメリットでもあります。

今現在余裕がなくても、1.000円と言う低価格で始められることは嬉しい限りです。

この始めやすさも支持される理由になっているのです。

契約すると、毎月決まった金額が口座から引き落とされるシステムになっています。

最低積立価格は1.000~3.000円と言う会社が多く、それより上も1.000円単位で設定できます。

初期設定が安いだけでなく、その時その時の金の相場を見て、追加購入することも可能なのです。

つまり無理をせずに運用が始められる上に、自分のタイミング次第で購入額を増やせるのです。

これを「スポット購入」と言います。

積立方法の種類と金の保管と管理

スポット購入は電話やネットなどで買い増しできるため、とても気軽なサービスです。

ボーナスで手元に余裕がある時など、自分のお財布事情に合わせられるのが良い所でしょう。

毎月決まった金額を購入する方法を「ドルコスト平均法」と呼びます。

金の価値が高い時は少ない量を、金の価値が高い時には量を多く購入することになります。

こうすることによって購入価格が平均化されるので、価格変動のリスクを軽減できるのです。

純金積立を取り扱っている所は、株式会社ゴールドリンクや地金会社や貴金属会社の他にも証券会社でも請け負っています。

会社によって手数料や積立金額なども変わってくるので、色々な会社を比べて選んでみてください。

実際に純金積立を始めると、購入した金はどこにあるのか気になるものです。

金を買うと言っても、実際に毎月自分の手元に送られてくるわけではありません。

管理はすべて運営会社が行ってくれます。

貸金庫に保管したりする手間もないし、盗難の心配もなくなるのが助かります。

一般的に保管料が掛からないため、安全を確保しながら確実に管理してもらえます。

金地金として手元に置いておくのは、貸金庫代や手間が掛かるものなのです。

その点、管理をすべて任せられるのは大きなポイントになるでしょう。

積立を続けて貯まった金は、もちろん受け取ることができます。

受け取り方法はさまざまあり、自分に合ったものを選びましょう。

まず金地金引き出しは、金そのものを受け取ることができます。

金を売却し手から現金で受け取ることも可能です。

取引会社によって、ジュエリーや金貨として受け取る方法もあるのです。

金貨の種類やジュエリーの種類が選べるのも嬉しいです。

金ではなく、銀やプラチナに交換できることもあるので、どんな受け取り方が最適か吟味してください。

運営会社によって違うコスト面を比較したい

メリットが多いイメージがありますが、もちろんデメリットも存在します。

金価格は常に変化しているものですが、運営会社が発表している小売価格でしか買うことができないのです。

その点がリアルタイムで売買できる株式とは違うところです。

しかし長期的な保有の純金積立は、ドルコスト平均法によって購入価格が平均化されるので、リアルタイムで取引できなくても大きなデメリットにはなりにくいです。

短期間で高い売却益を出すことは難しいため、長い目で将来を見ている人に向いている投資法なのです。

また年会費や積立購入手数料などが発生することも覚えておきましょう。

年間費を抑えたいならネット証券会社がおすすめです。

ネット証券会社では年間費が無料となっているのです。

純金積立の口座を持つだけで年間費は掛かるものなので、ネット証券を上手く利用して少しでもコストを抑えるのも賢い方法なのです。

最近はネットで購入できる運営会社も増えています。

どこでも価格や取引履歴などのデータを確認できるのが便利です。

この利便性の良さが、初心者でも始めやすい利点にもなっています。

このようにいくつかのチェックポイントはありますが、安定性のある投資を行いたい人には最適な形と言えるでしょう。

将来的な資産の不安を少しでも解消したいなら、ぜひ純金への投資を始めてみてください。

注目を集めている純金積立のメリット

価格変動リスクが最も少ない実物資産

世界的に経済の動きが不透明な中、注目を集めているのが金です。

資産には実物資産と金融資産があります。

実物資産は不動産や貴金属など形を持つものを指します。

現金や有価証券は金融資産と呼ばれています。

実物資産は値を下げることはあっても価値がなくなることはないです。

株や有価証券などの金融資産は会社が倒産すると無価値になる可能性が出てきます。

世界情勢が緊迫すると株や為替の変動が激しくなります。

実物資産が世界情勢の変化や金融危機に強いことは歴史からも明らかです。

安全資産として人気がある金は紀元前の時代から通貨として流通しています。

金は世界中の中央銀行で保有されているほど価値が高いものです。

国が発行している紙幣は国に問題が起こると紙切れになる可能性がありますが、金は価値がなくなることがないという特徴があります。

金は鉱物なので埋蔵量には限りがあり、永遠の価値を持っています。

世界で価値が共通しているのも金のメリットです。

安全な資産として世界中で信頼されている金ですが、金投資にも様々な種類があります。

若い人にも人気がある金投資ですが、最近は純金積立が注目を集めています。

ここ数年上昇傾向がある金価格ですが、価格変動リスクがあります。

価格変動リスクを抑えるための投資方法が純金積立です。

月々数千円から購入でき、インターネットを利用した取引も可能になっています。

運営会社の保管方法はどうなのかチェックする

純金を積み立てる場合、購入した金は一定量になると金地金として引き出すことができます。

金貨やジュエリーに交換することも可能です。

交換するまでは金を取り扱っている運営会社に預けておきます。

運営会社に預ける方法には消費寄託と特定保管があり、それぞれ特徴があります。

消費寄託は購入した金の所有権が運営会社に移り、運営会社が金を運用できるようになる契約です。

契約した人は預けた金をいつでも返還するように要求できます。

運営会社は金を責任もって保管しますが、運用もできるので金の保管料を無料にしている会社も多いです。

消費寄託は金の所有権が運営会社にあるので、会社が何らかの理由で倒産した場合は預けていた金が戻らなくなる可能性が出てきます。

消費寄託を考えている場合は、信用ある運営会社を選ぶことが重要になります。

特定保管は契約者が金の所有権を持ったままでの保管です。

運営会社は契約者が返還請求を行うまで専用の金庫で金を保管します。

契約者が金の所有権を持っているので、運営会社が倒産しても金が戻らないというリスクを避けることができます。

会社の専用金庫で保管をするので、契約者は保管料を支払うことになります。

消費寄託は保管料が不要でコストを下げられるというメリットがあります。

運営会社の中には契約を継続するときの残高に応じてボーナスを出すところもあり、ボーナス特典を上手に利用すれば有利な運用が可能です。

純金積立をスタートする場合は、事前に会社がどちらの寄託方法を採用しているかチェックします。

両方を取り扱っている会社もあれば、一方だけの会社もあります。

受け取り方の選択肢が多い会社なのかチェックしよう

純金積立の購入は月額積立購入が基本になっています。

どのくらいの金額から始められるかは、運営会社によって異なります。

オプションの有無も運営会社の選択においては重要です。

スポット購入ができると相場の動きをチェックしながら金を買い増すことができます。

運営会社によって様々な特典があるので、特典のチェックも重要になります。

純金を積み立てて貯まった金を清算する方法は2種類あります。

ひとつは金を売却して現金で受取る方法で、もうひとつは金地金として受け取る方法です。

会社によっては金貨やジュエリーに交換できるところもあります。

受取方法が多いほど選択肢が増えます。

運用会社によって商品内容や手数料が異なるので、自分でよく確かめてから信頼できる会社を選ぶことが大切です。

純金積立で利益が出た場合は他の投資方法と同じく税金がかかります。

購入した金にかかる税金は金地金とほぼ同じ扱いになりますが、課税所得計算をするための金の取得価額が異なります。

金を売却したときに譲渡益ではなく譲渡損が出ているときは損益通算が可能になりますが、可能なケースは品目が限られています。

金を対象にした投資は、保有期間が5年を超えていると課税される譲渡所得の金額が半分になります。

このことからも純金の積立は長期保有に適した投資だといえます。

メリットが多い純金の積立ですがリスクもあります。

他の金融商品を上手に組み合わせて分散投資をしている人も多いです。

口座を開設する場合は、ホームページやネット情報でサービス内容をよく確かめてから開設します。

日本にはゴールドリンクはじめ様々なタイプの運営会社がありますが、最近は運営会社を比較したサイトも増えています。

運営会社のホームページや比較サイト、口コミ情報などをよく調べることで自分にマッチした会社を選ぶことができます。

資料が欲しい場合は請求することで送ってもらえます。