建物やインフラの耐震診断や補修工事を行っている株式会社キーマン

耐震

1.株式会社キーマンの事業内容

株式会社キーマンは、主に補修工事や耐震診断を行っている企業です。
創業は1993年ですが、日本各地での様々な補修工事を行った実績があります。

例えば奈良県南部で橋梁の補修工事を行いましたし、神戸地域の山岳地帯にあるトンネルのコンクリート工事も行いました。
また和歌山県にある水路の改修工事を行った実績もあれば、全国各地の集合住宅の工事も行っています。

ところで日本では、しばしば大きな地震が起きています。
時にはそれで建物が倒壊してしまう可能性もあり、耐震工事に関するニーズも多いです。

今後いつ地震が発生するか分からないので、耐震性を高める為の工事が検討される事もありますが、㈱キーマンは耐震に関する事業を手がけている訳です。
現にこの会社では、耐震診断も行っています。

そもそも耐震工事を行うにしても、まずは建物の状況を確認しておく必要があります。
建造物の具体的な構造や虚弱性が不明な状態では、適切な工事も行えないからです。

2.株式会社キーマンの診断方法について

この会社では3種類の診断を行っていて、1次診断や2次診断などがあります。
専門的な機械を使用して建物の強さを確認すると共に、ひび割れの状態や建造物内部の状況を確認している訳です。

場合によっては、建造物の一部を切り取る事もあります。
例えば建物のコンクリートの状況を確認したい時には、専用の機材を使用して、一旦コンクリートを切り取る場合があります。
そして取り出したコンクリートの状態を確認して、耐震性を確認する訳です。

状況に応じて、写真を撮影する事もあります。
というのも建造物によっては、若干傾いている事があります。
傾いた状態で地震が発生すると、倒壊するリスクも高まってしまうので、建物が傾いているかどうかを写真で確認する訳です。

また築年数も確認して老朽化を見極めつつ、被災歴などを確認する事もあります。
様々な観点から耐震診断を行っている訳です。

3.改修工事だけでなく原状回復をするケースもある

上述の色々な方法で調査をした後は、株式会社キーマンは調査結果を提示します。
そして建物やインフラ設備などに対する補修工事が必要だと判断されれば、実際に工事を行う訳です。
上述の奈良や神戸地域での工事は、その一例になります。

改修工事だけでなく、原状回復をする事もあります。
例えば老朽化に関する調査を行った結果、耐震性に問題がある事が発覚しました。
その場合、この会社では「建物の強さを回復する」工事も行っています。

回復するだけでなく、補強する事もあります。
例えば住宅の一部は骨組みが若干弱い状態で、万が一大きな地震が発生した時には、住宅が崩れてしまう確率が高いとします。
その場合は住宅の耐震性を高める為に、改造やグレードアップなどの工事を行うこともあります。

建物には、必ず土台の部分があります。
土台が虚弱な状態ですと、万が一地震が発生した時には、土台も一気に崩れてしまいかねません。
しかし土台は補強する事もできます。

4.株式会社キーマンは耐震補強の工事に強みをもっている

土台に対する骨組みを複数設置して、耐震性を高める事も可能です。
株式会社キーマンは、その耐震補強の工事に強みがあります。
建物を強くして、安全性を高める工事を行っている訳です。

何も建物だけではありません。
土木工事にしても、まずは耐震調査から始めていきます。
基本的には建造物と同様で、耐荷力や耐久性は十分であるかどうかを確認しますが、調査によって損傷が発見される事もあります。

例えば橋の劣化です。
株式会社キーマンでは橋に対する調査も行っていますが、かなり以前に建設された橋ですと、一部が大きく劣化している事もあります。
もしも地震リスクが大きいと判断されたら、必要に応じて耐震工事も行う訳です。

橋の場合は、主に橋げたの落下防止と足の部分への工事を行います。
橋の足が虚弱な状態ですと、万が一地震が発生した時には、橋が倒壊してしまう可能性もあるからです。

5.震災から人命を守る株式会社キーマン

この土木に関する工事も、この会社の得意分野の1つです。
それだけに各自治体から様々な工事を受注していて、多彩な規模の耐震工事を行ってきています。

また、この会社は延命工事も行っています。
建設されてから長い年数が経過している橋は、一部分にひびが入っていたり、欠けてしまっている事もあります。
その状態のまま年数が経過すると、地震リスクが高まってしまいますので、長寿命化の工事も行っているのです。

老朽化した橋ですと、コンクリートが落下してくる可能性もあるので、はく落防止の工事を行うこともあります。
また橋の一部には、特別な装置が設置されている事もありますが、古い橋は装置が老朽化している場合があります。
老朽化が著しい時には、その装置を取り替える工事も行っているのです。

すなわち株式会社キーマンでは、様々な建物や橋やインフラ設備に対する耐震調査を行い、その結果に基づいて様々な補強工事を行っている訳です。
公式でも、代表者は「震災から人命を守る」というメッセージを掲げています。
多くの方々が安心して過ごせるよう、日々業務を行っている訳です。

ベッドを利用する大きなメリット

1.布団の上げ下げをしなくても良い

寝るときはベッドと布団、どちらを利用する方が良いか迷う人も居るはずです。
実際にはどちらもメリット、デメリットがあるため、出来るだけその人の寝ている環境に合わせて利用する方が良いでしょう。

そうする事によってより快適な睡眠を手に入れる事が出来るからです。

先ず、利用するメリットの一つは、布団の上げ下げをしなくても良い事です。
実際に布団を利用する場合、敷きっぱなしにするとどうしても布団の裏にカビが生えてしまう為、不衛生になりがちです。

しかしベッドの場合はマットレスを利用するのが一般的で、さらにマットレスを利用するお陰で床と直接接しにくくなるので、湿気がこもりにくく、結果的に華美が生えにくい環境になります。

だから、毎日上げ下げをしなかったとしてもそれ程カビを心配する必要はないと言っても良いでしょう。
ただ、マットレスも決して万能と言うわけではありません。

より良い環境で寝られるように、時々は風通しをしてあげる様にしましょう。
そうすればカビが生えてしまうのをより防ぎやすくなるからです。

2.ホコリ対策になるメリットも

また、毎日の手入れが楽と言うメリットだけではありません。
実際にはホコリ対策になるメリットも有ります。

ホコリは空気中に沢山舞っています。
また人が動くことで簡単に舞い上がってしまう為、日中はずっと同じ場所にあると言う訳ではありません。

しかし夜間、寝静まって殆ど人が動かなくなると、徐々に浮いていたホコリが下に沈んで来ます。
大体床から30㎝位の所に最もホコリが有る状態で、その上の部分には日中に比べるとはるかに少ない量のホコリしかない状態に変わって行くのです。

布団で寝ていると、顔の高さは床から30㎝いないの所にあるのが基本です。
だからちょうどホコリが沢山舞っている所で寝ている事になります。

反対にベッドの場合は30㎝以上の高さに顔が有る状態になりやすいので、ホコリをあまり吸う事無く毎日寝られます。
沢山のホコリを吸えば吸う程アレルギーが発症しやすくなるため、ホコリ対策はアレルギー対策としても効果が期待出来ます。

またお子さんの中にはぜんそくなどでも悩んでいる子がいますが、その場合もハウスダスト対策は非常に重要になって来ます。

カーペットを万遍なく掃除機をかける事も重要ですが、睡眠時にどれだけホコリを吸ってしまうのかと言う事に着目してみると、お子さんの健康管理にも一役買う事が出来ると言って良いでしょう。

3.立ちあがる時の膝に対する負担が大きく違う

また、それ以外のメリットと言えば起きやすい点を挙げる事が出来ます。
布団でも同じなのではないかと思う人も居るかもしれませんが、立ちあがる時の膝に対する負担が大きく違います。

勿論膝がそれほど悪くない人はその違いをあまり感じないかもしれません。
しかし膝が悪い人の場合、膝をしっかりとまげて立ち上がるよりも、90度程度のまげて立ち上がる方が膝に対する負担は少なくなります。

従って膝の痛みが気になる人や、高齢者の方には膝に負担が少ないベッドの方が布団よりもお勧めだと言っても過言ではありません。
またこれはそこで寝る人だけでなく、介護をする人にも適度な高さが有るので腰に負担がかかりにくいと言うメリットもあります。

余計な力を入れる事無く立てると言うのは、非常に大きなメリットだと言って良いでしょう。

4.ベッドは選択肢の幅が非常に広い

もちろん、見た目のメリットも有ります。
布団の場合はシーツを変えたりするだけで、後はどれを見ても同じ様な見た目になってしまいがちです。

しかしベッドの場合は様々な種類が販売されているため、選択肢の幅が非常に広いと言えます。
例えば狭い場所の場合は2段のタイプを利用するとか、下に収納が付いているタイプも有ります。

本棚や机が一緒になっているタイプを利用すれば、狭い部屋でも充分なスペースを確保することが可能です。
勿論、日中は出来るだけ部屋のスペースを広くしておきたいと言う時は折り畳み式を選んでも良いでしょう。

置く場所、奥部屋の間取りに合わせて選ぶ事が出来るのは非常に大きな魅力だと言って良いでしょう。

勿論素材や装飾等も様々な物が揃っているので、かっこ良いタイプにしたいのか、可愛いタイプにしたいのか、さらにオシャレなタイプにしたいのかと言うインテリアとしても色々と選ぶことが可能です。

5.まとめ

この様に、布団を利用しても同じなのではないかとか、布団の方が良いのではないかと言う意見もまだまだありますが、やはりベッドにはそれそのものの良さが有ります。

毎日上げ下げする必要もないので家事の負担を軽減する事もできるし、何より手入れが簡単だと言うメリットも有ります。
また収納付きの物を利用すればデッドスペースの有効活用にもつながり、部屋をより広々と使えるようにする事も決して不可能ではありません。

現在では様々な物が実店舗は勿論の事、インターネット所でも扱われています。

また近隣のお店だけでなく遠方にあるお店の商品も購入できる環境になっているので、気になる商品が有る場合は資料請求をしたりしてよく調べてから買うと良いでしょう。

※おすすめサイトはこちら→ベッド通販おすすめ

ゼノン住販が解説!正しい知識を持って不動産の媒介契約を締結しよう

不動産の取引を行うとき

不動産の取引を行うときには、正しい知識を持って臨むことがとても重要です。
そもそも、不動産に関連する取引は専門的な知識が必要になることが多く、素人がプロと交渉をしたとしても上手く交渉をすることができないケースも目立ちます。

実際に、売買取引であっても賃貸借取引であっても、土地や建物の取引は仲介業者という業者を取引を行うことが一般的です。
日本では、土地や建物を所有している人と実際に取引を行う人は、必ずイコールで結ばれているというわけではありません。

不動産の本来の所有者は、仲介業者という購入希望者を探してくれる業者に相談をして、代わりにその取引を行ってもらっています。
土地や建物に関する広告や宣伝を行っているのもこうした業者であるため、初めて取引を行うときには誤解をしてしまう人も存在します。

これは、購入希望者側も同様です。
購入希望者は、土地や建物を販売してくれる人を探すことになるのですが、土地や建物を実際に所有している人と直接的に交渉することはほとんどありません。

そもそも、こうした資産を保有している人を探すことは、素人にはできないからです。
誰がどの土地を保有しているのかなどは、実際に保有している人やその関係者しか知らない情報です。

仲介業者は必ず必要になる

宣伝をしていなければ尚更で、自分が住居を購入したいと考えていたとしても所有者が誰なのかがわからないと意味がないわけです。
そのため、購入希望者と所有者の間を仲介する業者として、仲介業者は必ず必要になります。

事実、仲介業者に相談をすると取引の間を取り持つための媒介契約という契約を締結しなくてはいけません。
媒介契約に関しても、専門的な知識が必要になることがあります。

媒介契約と一言で言っても、中身のサービスに関しては多種多様なものが提供されています。
例えば、単純に購入希望者が希望している住居などを探すだけならば、それほど時間も労力も必要になりません。

そのため、仲介業者が求める見返りは、それほど高くはならない傾向にあります。
実際に、仲介業者の報酬は簡易的な計算式によって上限金額が規定されていますので、それ以上の金額を要求することができません。

専門的な不動産の媒介契約をコンサルティング契約として締結する

一方で、専門的な物件や土地を探すための契約をしているときには話が違います。
仲介業者の中にも、例えばよく利用してくれるいわゆるお得意さんに対しては優良な情報を提供することがあります。

こうした情報を提供する見返りとして、当然それ相応の金銭が必要になるわけです。
仲介業者では、こうした専門的な不動産の媒介契約をコンサルティング契約として締結することがあります。

問題なのは、こうした専門的なコンサルティング契約の内訳を、実は契約をした本人が気づいていないことがあることです。

物件や土地を購入しようと考えている人は、気に入った物件を見つけることが出来なかったときには、媒介契約が満了したその時に契約を打ち切ることができるようになります。

ゼノン住販セミナーより引用

通常、媒介契約の費用は成功報酬となっていますので、追加的に費用を請求することはできません。
ところが、仲介業者の中にはコンサルティング契約をしていたという名目で追加的に料金を請求してくることがあります。
これは、不当な要求です。

仲介業者への料金は知らないと支払ってしまう可能性のあるものばかり

原則として、不動産の売買の仲介業者は、取引が成立しなければ仲介の報酬である仲介手数料を請求することができないと決められています。
そのため、本当に媒介契約を締結していたとしても、それだけで料金を請求されるいわれはありません。

また、購入希望者に対して源氏案内などをしたときにも追加的に諸費用を請求してくる業者は存在します。
これも同様に、支払う必要はありません。

これらの仲介業者への料金は、知らないと支払ってしまう可能性のあるものばかりです。
もちろん、例外的に料金を支払わなくてはいけないものも存在します。

それは、購入希望者が遠隔地への物件の探索を依頼した時です。
この場合は、依頼人からの命令を受けて土地や建物を探すことになりますのでお金を支払わなくてはいけません。
こういった特別な事情が存在しないケースでは、基本的に仲介業者が請求する料金というのは実は正当性が存在しないということを知っておく必要があります。

媒介契約の更新について

もう一つ大切になるのが、媒介契約の更新についてです。
媒介契約の期間満了に伴って、物件や土地の購入を見送り、契約も打ち切ろうとしている場合には自動更新は認められません。

確かに、物件の売買を行うときには媒介契約を締結する必要があるのですが、媒介契約そのものに関してはあくまでも当人同士の合意によって成立します。

勝手に更新されて良いモノではなく、本人同士の許可が必要になります。
これは、契約書に書かれている場合でも同様です。

契約書に自動更新の規定が存在していたとしても、不動産の売買において契約更新を行う際には標準約款に基づく契約ではないことを明記しなくてはいけません。
そのため、本人の不利になるような規約は無効になるということを覚えておくことです。

高齢者マンションに不動産投資の将来性を見る

マンション投資について

バブル期以降、不動産価格の下落が長く続いたことや、税制面での優遇などから、マンション投資が盛んに行われてきました。

しかしマンション価格がある程度上昇してしまったことや、生産緑地の住宅開発が可能になる2022年問題などから、これまでのように利益をあげにくくなると言われています。

空き家問題も深刻化してきており、住宅が飽和状態になっていることは否定できません。

しかし高齢者マンションの存在を考えると、人口が減少していく中でのマンション投資の将来性が見えてきます。

高齢者マンションは主に55歳以上の方を対象にしたもので、審査が緩やかなだけのものから、介護サービス、温泉やフィットネスクラブなどが付帯したものまで様々です。

また隣人との関係が希薄化している社会の中で、同じ高齢者が集まって生活できることで居住者に安心感があります。

高齢者が賃貸住宅を借りる際、収入が年金だけで、これまでの蓄えで賃料を払い続けることや、大家さんの側が高齢者を敬遠しがちであることから住宅の確保に苦労があります。

しかし高齢化率の上昇からもわかるように、今後も高齢者がマーケットの中心となることは間違いありません。

高齢者マンションは民泊と同じように、現代のニーズに合ったものなのです。

高齢者マンションの経営を考えると不動産投資成功のヒントにつながるかも

一般的なマンションと同じように、立地や築年数が投資を行う上での重要な要素になることは変わりませんが、どんなサービスを付ければ多くの支持を受けられるのかを考える余地ができたことになります。

サービスの中身で勝負できるとなれば、それは資産運用ではなく、商売として高齢者マンションの経営を考えることになると言えます。

高齢者の数は増加し続けており、老人ホームの空きがないことでこれまでの住宅に住み続けることを余儀なくされている方が多くいます。

彼らは日常生活に関して自分でできることがまだそれなりに多く、老人ホームで行われるほどではない介助でも生活を続けることが可能であることがよくあります。

そのような、介護施設の利用を考える前段階にある人たちの受け皿となるのではないでしょうか?

今後の不動産投資は物件の持つ特徴だけではなく、一般的な商売と同じように、どれだけコストカットができるか、ニーズに合った内容かが問われるでしょう。

そんな時代の中で高齢者マンションの経営を考えることは不動産投資の成功のヒントになるかも知れません。

社会のパイがこれからも広がる数少ない業界です。

 

特集

シニアマンション

オール電化を検討中の人は必見!メリットとデメリットを解説

増加するオール電化

以前よりオール電化のマンションやアパートが増えてきました。

注文住宅などを建てる場合も、そのように希望する人が多くなっています。

しかし実際にどのようなメリットがあるのかを知らずに、流行しているという理由で選んでいるケースも少なくありません。

正しくメリットとデメリットを把握したうえで決めないと、住み始めてから後悔する可能性があるので注意しましょう。

※当記事は太陽光発電やオール電化、省エネ住宅の専門家であるエスコシステムズに一部、執筆を協力いただいております

・ガス代を節約できる

誰にでも分かるメリットとして、ガスの料金を節約できることが挙げられます。

ガスを使用することがないため、ガス会社と契約する必要もなくなります。

基本料金を支払う必要がなくなるので、毎月の固定費の削減が可能です。

そう言われても、電気代が高くなることを心配する人もいるでしょう。

たしかにガスの使用が減った分だけ、電気の使用量が多くなります。

しかし深夜電力を蓄えて利用すれば、コストが高くなることを抑えられます。

なぜなら深夜電力は日中の電気と比べて安く利用できるからです。

また太陽光発電のシステムを設けておけば、さらに電気代を低くできることもメリットです。

余った電気を電力会社に売って、家計の足しにする家庭も多くなりました。

防災の意味でもオール電化はおすすめ

防災の意味でもオール電化は優れています。

大規模な災害が起こると、水道やガスなどのライフラインが絶たれてしまう事態が起りえます。

ライフラインの種類ごとに復旧に要する時間は異なりますが、電気は比較的早めに使えるようになるのです。

なぜなら日本では、電線は電信柱を経由する形で空中を通っているのが一般的だからです。

それに対してガス管や水道管は地中に埋まっています。

つまりそれらが破損した場合は、地面を掘り起こして修理しなければなりません。

そのためにはショベルカーなどの重機も必要になりますが、地面の状況が悪い被災地でそれらを運ぶのは困難です。

強引に実施しようとすると二次災害を招きかねません。

電線は地面を掘り起こす必要がないので、被災地でも修理しやすいメリットがあります。

電気が供給されるようになると、湯や暖房も使用可能なので寒い時期でも生活に困ることは少ないでしょう。

ガスの場合は、復旧まで寒さに耐える必要があるかもしれません。

水に困りにくいというメリットもある

さらに水に困りにくいことも大きなメリットといえます。

電気温水器を使用している場合は、貯水のための容器が据え付けられているケースがあるからです。

飲料水として利用するのは控えるべきですが、洗濯などの生活用水としては十分利用できます。

また火災が起こりにくいことも、オール電化を売り込むときによく説明されています。

ガスのように炎を使うわけではないので当然といえるでしょう。

料理中は油を使用することも多く、火災が起こると周囲の家にまで被害が広がるケースもあります。

そうなると多額の賠償金を支払う必要があり、今後の生活に支障が出てしまいます。

電気で熱して料理をするのであれば、火が服などに飛び移る心配はありません。

ただしフライパンや鍋が高温になることに違いはなく、熱によって発火する恐れはあるので注意してください。

料理が終わった後の手入れも楽になることが多いです。

一般的にガスコンロよりフラットな形状をしているので、掃除をするときに隅々まで手が届きます。

空気をきれいに保ちやすいことも覚えておきましょう。

ガスは漏れると大気中に広がりますし、燃焼が十分でなければ一酸化炭素も発生してしまいます。

そのため悪臭だけででは済まずに、命に関わるような事態になることもあるのです。

オール電化であればそのような事態は起こりませんし、空気をきれいに保てるのでエコ活動にも貢献できます。

このようなメリットがあるので、賢く使っていけば料金面や安全面において満足できるでしょう。

・調理器具に注意しましょう

一方で不用意に使うとデメリットが生じるので要注意です。

たとえば深夜電力ではなく昼間の電気を中心に使うと、その分だけコストが高くなってしまいます。

また料理をするときに使う調理器具についても注意が必要です。

ガスコンロで使用していた調理器具は使えない可能性があるからです。

専用の調理器具を購入するための予算を計算に入れておきましょう。

また災害時に電気の復旧は他のライフラインより早いですが、その一方で災害時以外にも停電するリスクがあります。

すべてを電気に頼っているので、停電した場合は一気に生活が不便になってしまいます。

そのような事態への備えとしては、大容量の蓄電池や太陽光発電のシステムを設ける方法が考えられます。

小型のガスボンベと卓上コンロを用意しておくと温かいものを食べられるので便利です。

その他のデメリットとして、料理の際に火力が足りないと感じる人もいます。

ガスコンロで調理するより時間がかかることもあるでしょう。

このようにオール電化にはメリットとデメリットが存在します。

自分や家族のライフスタイルなどを考慮したうえで、恩恵のほうが大きいと感じた場合に選択するのがおすすめです。