【2022年最新版】大成建設と様々な貢献

「大成建設の株価や評判を知りたい」
「大成建設ってどんな会社?」
「大成建設はどんな技術を持っているの?」

大成建設は日本の大手総合建設会社となりますが、どのような仕事を行っているか興味を持つのではないでしょうか。
土木や建築が事業の中心となりますが、具体的には建築や土木の設計、施工や都市開発、エンジニアリングや不動産、原子力等様々な分野で事業を行っています。
事業に関しては国内だけではなく海外でも行われており、グローバルな事業が展開されていますが、具体的には東南アジアや中東等、世界中でプロジェクトが実行されています。
様々な事業がスムーズに進むよう国内に東京をはじめ多くの支店存在しますが、支店が存在するのは国内だけではありません。
海外にも支店が存在し、台湾の台北営業所やイスラマバードのパキスタン連絡所、ニューデリーにおけるインド営業所やマニラのフィリピン営業所等となります。

大成建設の使命

大成建設は様々な事業を行っていますが、将来新たな文化の発祥地となり地域反映の基盤となることを使命としています。
同時に人々の暮らしを守りつつ、潤いのある社会を創造するという夢も抱いていますが、使命や夢を現実にするため、最新の技術を取り入れました。
多変量解析やAIとなる人工知能を取り入れ、建築現場で取得したデータを分析したり、活用する技術を確立しています。

2020年にはT‐iDigital Fieldの技術を拡張

2020年にはT‐iDigital Fieldの技術を拡張しましたが、どのような技術なのか疑問を持つのではないでしょうか。
建設現場で取得したデジタルデータを利用し、効率的な施工と安全管理を支援することができます。
具体的には、作業員や建設機器の位置情報をリアルタイムで地図化することが可能となり、海洋や山岳等広大なエリアでも瞬時に位置情報を把握することができます。
品質管理に関しては、資材ごとの状況を瞬時に追求する仕組みを構築し、資材とトラックの情報を連携させることに成功しました。
モニターを通して積み込みや運搬、荷下ろしまで管理することが可能となり、施工状況を瞬時に把握し共有することもできます。
状況によって資材の運搬量を検討することが可能となるため、効率よく作業を行うことができるよう検討しなおすことも可能になるといえるでしょう。

トンネルにおける作業の安全性を向上させることが可能となる

作業員の安全面に関しても配慮され、トンネルにおける作業の安全性を向上させることが可能となりました。
作業状況を考慮し、発破を行う際の退避状況等の安全向上を期待することができます。
トンネル工事に関しては、装薬や発破やずり出し、アタリ取りや吹き付け、ロックボルト打設等のサイクルが繰り返し行われますが、サイクル工程の管理機能を行うことも可能です。
建材機械の稼働状況や、作業に必要な時間も把握可能で、効率よく作業を行うことができるよう検討しやすくなるといえるでしょう。

建設業界の人材不足問題について

建設業界では日本の少子高齢化が影響し、慢性的な人材不足が認識されており、危機的な状況に陥っています。
就業者数に関しては1997年の685万人がピークとされ、2018年には503万人と減少しています。
AIを活用することで、単純作業を自動化したり安全管理の向上を実現することが可能となり、人材不足の解消も期待することができますが、大成建設も新しい技術を取り入れることで貢献しているといえるでしょう。
貢献に関しては、最新の技術を取り入れ地域の繁栄に努める以外に、文化財維持のためにも貢献しています。
特別な塗料を開発し、木材の防火性能を高めることが可能となり、文化財保全への活用が期待されいます。

木の表面に塗るだけで燃えにくくなる塗料を開発

特別な塗料とはどのような塗料なのか興味を持つかもしれませんが、木の表面に塗るだけで燃えにくくなるよう開発されました。
樹脂や難燃性の高い薬品が配合されていますが、準不燃材料となる国土交通省認定の基準をクリアしています。
塗料を塗った木材を火に10分間当てても、燃えることはありません。
木材に塗っておくと、燃え始めるまでに時間がかかるため、焼失を避けることができる可能性があるといえるでしょう。
以前の技術では、木材に圧力をかけ薬剤を浸透させる必要があり、存在する木材建築に使用する際は、解体を行った上で薬剤を浸透させる必要がありました。
特殊な装置を使用しなければならず、サイズも重要視されることから難しいとされていましたが、防火性能を高める塗料に関しては塗るだけでよいため手軽に使用することが可能です。

まとめ

国内の国宝や世界遺産に関しては、9割以上が木造建築であることが認識されており、落雷による火災や放火等が心配されています。
2019年においては首里城正殿が火災によって焼失しましたが、塗料を塗ることで防火性を高めることができ、トラブルを防ぐことにつながるといえるでしょう。
文化財の保全目的以外に、柱や梁等に木材を使用した木造ビルの建設等にも使用することができます。
木造ビルは二酸化炭素の吸収を期待することができますが、防火性を高める塗料の誕生は木造ビルの建築を後押しし、地球温暖化の抑制にも貢献することができるのではないでしょうか。

iPhone修理の種類や特徴を知りたい

iPhoneは、何年も利用していると故障する可能性があります。
またそれほど利用していなくても、修理をしなければならないケースもあるでしょう。

電池交換

iPhone修理の中でも1番多いのは、電池交換になります。
長年利用していると、少しずつ電池の容量が少なくなってくる傾向があるわけです。
そのため、購入した時に比べると、半分ぐらいの時間しか電池が長持ちしないこともあり不便です。
常に充電できる環境にいる場合は別ですが、そうでない場合は電池の残量を気にしながら外出しなければならなくなります。
iPhoneの電池は、内蔵されているため中を開けないと外すことができません。
そこで、お店に依頼して直してもらうことになります。
やり方は簡単で、専門の道具を使い中を開けて新しい電池に交換することです。
通常は、10分から15分程度で終わるケースがほとんどです。
ただ中には、在庫がないものもあるためその場合には取り寄せなければいけません。
取り寄せの場合には、交換するには数日かかる可能性もあります。
気になる費用は、6,000円から8,000円位です。
古いタイプのほうが安い傾向にあります。

画面割れ

次に修理の依頼が多いのは、画面が割れてしまった場合です。
もともとiPhoneの画面自体は、防弾ガラスと同じ素材のものが利用されているため、少し位の衝撃では割れる事はありません。
しかし、地面に落とすと割れる可能性が高いです。
画面から落としても割れにくいですが、角から落とすと1カ所に力が集中してしまい、ヒビが入る傾向にあるわけです。
これを防止するために、ケースやフィルムなども販売されていますが、それらを取り付けるとお金がかかるため何もつけていない人も少なくないです。
ひび割れの場合は、ガラスを修理すると言うよりも交換することになるでしょう。
元通りに戻すことができないわけではありませんが、交換したほうがはるかに費用が安いです。
費用は、1枚あたり6,000円前後になるでしょう。
画面の大きさによっては、もう少し費用がかかることも考えられます。
交換にかかる時間は、10分から15分程度で、難易度が高くないため比較的作業に慣れていないスタッフでも簡単にできるでしょう。
電池の時と同じように、在庫がないケースもあるためその場合には取り寄せになり、数日後にもう一度お店に行くことになります。

iPhone修理するならスマートドクターさんがおすすめ

水没

ガラスのひび割れ以外にも、水没等のケースもあります。
例えば、ポケットに入れておいたのにいつの間にかトイレの中に落としてしまうことも考えられます。
あるいは、お風呂の中で利用している場合、うっかり手が滑って落としてしまうことも考えられるでしょう。
最近は、防水性のものも出てきているため、少し位水が入っても壊れる事はありませんが、完全に水没してしまうといくら防水性が高かったとしても、画面が映らないなどの故障の原因になります。
このときの注意点は、iPhoneを激しく振らないことです。
激しく振ると水が抜けるようなイメージがあるかもしれません。
しかし実際には、振ったとしても水が出てくる事はまずないです。
むしろ逆に、水が心臓部分に入ってしまい完全に停止してしまう恐れもあります。
お店にもっていく場合には、直すまでに時間がかかることも少なくありません。
どの程度中に水が入っているかによって修理の時間や費用が異なりますが、もし中の水を拭き取って修理が完了する場合には3,000円程度の費用になる事が多いです。
しかし、中の部品などを交換しなければならない場合には10,000円以上かかることも考えられます。
それ以外にも、データが飛んでしまった場合なども直さなければなりません。
料金は、どの程度損傷したかによっても異なりますが、高い場合には30,000円を超えることもあります。

配送業におけるトラックドライバーの仕事はどれほど過酷なのか

トラックドライバーの仕事といえば、とてもキツそうなイメージをよく持たれます。
休みがほとんどなかったりなかなか家に帰れなかったりと、ネガティブな評判を聞くことも多いでしょう。
一昔前は子供が憧れる職業ランキングにも名前が入っていましたが、今ではすっかり縁遠くなってしまいました。
しかし本当に、現実はそうなのでしょうか。
実は世間が持っているイメージと、実際の働く現場には多かれ少なかれギャップがあります。
私は長年配送業に就いていましたから、内部事情を鑑みてもハッキリとそう言い切れるのです。
そこでここからは、その具体的な実態についてご紹介をしていきます。

関連情報
物流情報無料提供サイトTKss 関東のトラック荷物、配送情報

 

現在ドライバーの担い手が不足気味

まず配送業界全体で、現在ドライバーの担い手が不足気味です。
これは先述した悪いイメージが根付いたせいで、自らこうした仕事をしたいと考える人が減ってきている実情があります。
ところがここ数年、ドライバーを希望する人は増えなくとも離職する人も減っていないのをご存知でしょうか。
担い手不足は解消されていないものの、担い手の減少にはしっかり歯止めが利いているのです。
何故離職者が減ったのか、そこが世間とのギャップを語る上での一番のポイントになります。
実はここ5年から10年の間に、関係各社によるトラックドライバーの争奪戦が激化するようになりました。
もちろん数が少なく、それだけ貴重な人材であるからです。
そして争奪戦に勝つためには、なるべく働きやすく条件も良いものを整えなければいけません。
結果としてかつてあったような過酷さはなくなり、休暇も必要十分に取れるようになりました。
求人や仕事の量も、山のようにあります。
近年のインターネットショッピングブームの影響で、何かを買うときは通販で、という人も増える一方です。
当然免許を持っていなければ運転は出来ませんが、未経験者でも手軽に転職が可能な業界へと変わっています。
頑張れば一般的な会社員よりも多く稼げるかもしれませんし、繁忙期を過ぎれば週休2日も実現出来るでしょう。
就職や転職をするのであれば、現在はまさに絶好機と言えるのです。

 

2トンの小型車で大体で月に20万円弱の収入が相場

ただしどのトラックに乗るのか、これにより多少労働条件や環境が変わります。
例えば2トンの小型車に乗る場合、大体で月に20万円弱の収入が相場です。
あまり高くはないですが遠出をすることもないので、勤続時間は長くありません。
特定の地域で特化して仕事をすることで顔見知りの人が増えやすく、人の縁を強く感じられるメリットもあります。
女性ドライバーや未経験者は小型から始めることが多いため、いきなり中型や大型に乗るのは止めておいた方が無難です。
次に4トンの中型車に乗る場合、収入は月に30万円ほどまで得られることがあります。
小型同様狭い範囲での配送が多いので、休日も多いのが特徴です。
それなら小型より断然魅力的だと思いがちなのですが、実は中型では時々長距離便の方を任されます。
本当にたまにではあるものの、それがいつ訪れるかは判りません。
急に休みが1日2日ずれたということがありますので、臨機応変にスケジュールを管理出来る人なら向いているでしょう。
また同じ4トン車でも、バンウィングと平と呼ばれる2種類のボディーがあります。
バンウィングでは多種多様な積荷を運ぶので面白みがあり、同時に頻繁な積み下ろしによって体力を使います。
平では荷物の積み方にコツを求められますが、これが上手に出来ると達成感があり楽しいです。
需要によって給与面でバンウィングを上回ることもあり、稼ぎ重視の人には平の方が魅力的に映るかもしれません。

 

大型車は多ければ月50万円も夢ではない

最後に大型車に関してですが、やはり大型はトラックドライバーにとっての花形的立ち位置にあります。
多ければ月50万円も夢ではなく、ただ走行しているだけでも人の目を惹く派手さが特徴です。
とはいえ大型にもなると、ほぼ長距離を移動するものと捉えた方がいいでしょう。
1ヶ月の間に休みはしっかり取れても、一定周期で安定した休日があるわけではありません。
運転技術も特殊ですし、経験値が高い人ほど重宝される傾向にあります。
更に大型車でもボディ別に違いが存在し、バンウィングは1週間以上を費やして走ったりします。
積荷の種類次第では給与にボーナスが入りますが、思うように自宅に帰れない日々も想像しなければなりません。
逆に平では長くても2日や3日の走行で済むため、ある程度プライベートのスケジュールを決めやすいです。
結婚して家族がいる人などは、平で仕事をすることをおすすめします。

 

まとめ

以上のように、一言に配送業やトラックドライバーと言っても中身は様々です。
しかし労働環境は間違いなく改善されつつあり、楽しみながら働ける業界へと進歩しています。
興味はあるけれど過酷そうだからと敬遠している人は、是非一度応募をしてみてください。
中に入らなければ見えないことも、沢山あります。
今ある誤解や先入観が解消されれば、再び人気の職業となるのもきっと時間の問題でしょう。
 

危険な輸入物販をしていませんか?

1)海外から輸入した物をネット上などで販売する輸入物販

輸入物販とは、すなわち海外から輸入した物をネット上などで販売することを言います。

近年は開業資金が不要で、かつ集客も決して難しくないその手軽さから副業として始める人が増えていますが、しかしながらその人気の上昇と伴って輸入物販に関する犯罪が増えています。

ここでは、その犯罪の種類と安全に輸入物販を行う方法を見ていきましょう。

まず一つ目は、古物を輸入物販した時に抵触しうる犯罪についてです。

古物というのは、アンティークはもちろん古着などの一度使用されたものの事を指します。

最近は古着ブームもあってか、売れやすくまた輸入する際も安く仕入れられるので人気が高いですが、ここに一つ落とし穴があります。

日本の法律には古物営業法というものがあります。

古物営業法は、窃盗の被害にあった品が販売する古物に紛れてしまう可能性から盗品等の売買を防止して被害品を早期発見することによってより窃盗などの犯罪を減少させ、被害を最小限に抑えることを目的としている法律です。

この法では、古物商以外の人間が営利目的つまり金稼ぎのためだけに古物を売った場合には刑罰が課せられますが、この犯罪において争点とされるところの多くは前述の通りこれが営利目的で販売されたかどうかであり、一回限りであれば故意ではないと判断される事も多いです。

しかし、露見する頃には手遅れな事が多いです。

 

2)古物を取り扱いたい場合は?

対策ですが、もしどうしても古物を取り扱いたい場合は正式な手続きを踏んで古物商の許可を取るのが手っ取り早いです。

大抵は警察署で書類を揃えて2万円程支払えば数日で許可が下りるはずです。

なお、中古の酒類を販売している場合は古物営業法以外にも酒税法に引っかかる危険性もあるためご注意ください。

過去には酒造法に違反した事で、20万円近くの罰金を払うことになってしまった例もあります。

資格を取っていない方でヴィンテージの輸入酒などを転売しているのなら、今すぐにやめましょう。

私の個人的な考えではありますが転売のためだけに古物商の許可を取った上酒類販売の免許を取るのは、費用がかさみ元が非常に取りづらくなるため、まず酒類には手を出さない方がよいでしょう。

またブランド物に特に多いのですが、海外製品には精巧なレプリカ商品が混ざっている事が多くあり、比較的安価で購入できる上素人目には見分けがつきづらく間違えて本物として売ってしまう事が多くあります。

分かっていて故意に売った場合はもちろんのことわざとでなくとも法律に抵触する事があります。

 

3)特定商取引法という法律を以って取り締まれる

例として、2018年11月には無断で大手コーヒーチェーン店のロゴを無断で使用した中国製スマホケースを転売目的で所持したとして二人が逮捕されています。

対策としてはその商品を購入する前に、その商品の贋作の情報がネット上等に上がっていないか注意が必要です。

近頃はブランド品だけでなく、健康器具系にも贋作が多いとのことです。

もしネット上にあまりにも情報がなかった場合はメーカーに問い合わせる方もいるそうです。

そして実は輸入品を転売するという行為は、特定商取引法という法律を以って取り締まる事ができます。

この法律は本来販売業者にのみ適用される法律であり、細々とやっている個人には適用が難しいです。

しかしながら、そのさじ加減は非常に曖昧なので知っておいた方が良いでしょう。

特定商取引法は業者が悪質な手口で消費者を勧誘し物品を販売させるのを抑止し、消費者の利益を守ることを目的としている法律です。

特に業者と消費者の間でトラブルとなることの多い訪問販売、通信販売、電話勧誘販売やマルチ商法などの行為のことを指します。

この特別商取引法において輸入物販は通信販売に当たります。

 

4)まとめ

ここでも、転売の意思の有無が罪に問われるか否かの争点となるので少量であれば個人使用の目的で購入したとする事も可能ですが大量に購入していた場合は中々難しいでしょう。

嘘の情報を騙ったつもりはなくとも、実際に間違っていたならそれは販売した業者側の責任となってしまいます。

まとめです。

法律に抵触する可能性があるのは大きく分けて①無許可で古物を売る②偽物を売る③勧誘販売の三つに大別されます。

輸入物販は確かに副業としてのハードルは比較的低くやりやすくはありますが、その一方で知識がないと知らず知らずのうちに恐ろしい目にあってしまう危険性があります。

輸入品やそのメーカーについての下調べや、法律で売買を規制されているものを売ったり、法律に反するような売り方をしないよう細心の注意が必要です。

海外から輸入して、ネットで転売してお金を稼ぐというビジネスは依然まだ新しいため法律もまだ追いつききっていません。

その為、今後新たに法律が加わる可能性も大いにあると考えられます。

近年の輸入品の売れ行きのトレンド然り、輸入品の真贋の情報然り、このビジネスでは、何よりも持っている情報が物を言います。

皆さんも、どうか情報収集を怠る事なく健全な物販生活をお送りください。