あん福祉会の詳細について

あん福祉会は、特定非営利活動法人で、地域に根ざして精神障害者の支援を行っている団体です。
精神障害者の自立した生活を応援しており、社会参加に関わる事業や、暮らしやすいまちづくりに関わる様々な事業を行っています。
その大元は昭和63年に結成された「作業所設立準備会」で、小金井保健所を中心に、福祉関係者やボランティア、市内の医師などで構成されていました。

精神障害者の社会復帰を目的とした施設として活動

精神障害者の社会復帰を目的とした施設として活動しており、翌年となる平成元年には「あん工房共同作業所」が設立されました。
設立当初は、任意団体の運営から始め、平成14年に現在の「特定非営利活動法人あん福祉会」として法人化しました。
なお、「あん工房」の名前の由来ですが、ひらがなの先頭の文字である「あ」と一番最後の文字である「ん」を合わせたものです。
なぜこのようなネーミングになったのかと言うと、「すべての人に開かれ、さまざまな人が集まる場所にしたい」という願いが込められているからです。
加えて、「あうんの呼吸」という言葉が、「あ」と「ん」の文字を含んでいることも関わりがあります。
「工房」という文字を選択したのも、「様々な人が集まり何かを作り出そう」という意図を含んでいることから、「作業所」という言葉よりも、よりやさしい響きで緩やかな意味を持たせたかったことが理由です。

あん福祉会が現在行っている事業

このような思いを持って誕生したあん福祉会は、今でも小金井市を中心とした地域で活動を続けています。
現在行っている事業としては、就労移行支援・就労継続支援B型・グループホーム・デイケア・カフェの運営です。

就労移行支援や就労継続支援B型事業

就労移行支援や就労継続支援B型事業では、地域社会で自立を目指す方のための支援であり、一般就労を目指します。
仕事に対してしっかりと責任感、そして集中力を持てるよう、これらを高めるための作業プログラムや就労プログラムを用意しています。
もちろん、参加する場合は工賃収入が得られます。
対象としているのは精神科外来に通院中の方で、主治医の承諾や紹介状が得られる方です。
具体的な作業内容としては、図書館内での書籍等の整理や書誌の入力、運営しているカフェでの飲食接客などです。
サービスとして昼食が無料で、1日1000円の工賃が得られます。

通過型のグループホーム

グループホームは通過型で、精神障害をお持ちの方が対象です。
共同生活を行うための専門施設であるグループホームで生活を望む方で、精神科医療機関に通院中の方が利用できます。
日常生活を送る上で必要な援助等を受けながら、自立した生活や社会復帰が行えることを目指します。
なお、通過型のグループホームの利用期限は、一般的に3年です。
利用者は個室で生活を行うほか、入居者間での交流を図るための交流室が用意されています。
将来的には街中で、自立した共同生活を送ることを目標に、必要なトータルサポートを行います。
グループホームのご利用をご希望の方は、一度問い合わせてみるとよいでしょう。
定員人数が定められているため、満員の場合は入居できないこともありますが、空きがある場合は問い合わせをすることで対応してもらえるほか、お部屋の様子を確認することも可能です。
また、空室がない場合でも、見学や利用体験は随時行っているため、将来的な利用を考えて早めに検討しておきたい方も安心して相談できます。
その他にも、グループホームの利用にあたっては様々な条件等が定められているため、利用できるかどうかを予めしっかりと確認しておくことも大切です。
分からないことがあれば、担当スタッフが丁寧に教えてくれるため、気軽に相談してみるとよいでしょう。

小金井市内の委託事業であるデイケア

デイケアは、小金井市内の委託事業として行われています。
こちらも精神障害をお持ちの方が対象で、人との関わり方について練習したい方や、日中に活動できる場所を探している方に最適です。
適宜休憩を設けながら、専門のスタッフがしっかりとサポートしてくれるため、安心して参加できるのが特徴です。
参加費は無料で、戸外での活動費や交通費、飲食料などを実費で支払います。
毎週金曜日に活動が行われており、10時から12時までの2時間程度が目安です。
事前に面談と見学が行えるため、興味がある方は気軽に問い合わせてみてください。

運営しているカフェの「アン」

最後に、運営しているカフェの「アン」ですが、こちらは精神障害を持つ方の働く場所として開設されました。
広々とした空間で、地元野菜を使用したお食事やデザート、飲み物などが用意されており、喫茶店として利用できます。
各種メニューのデリバリーにも対応しているほか、小さなサークルで集まる際に便利な、個室の貸し出しも行っています。
さまざまな方がさまざまな用途で気軽に利用できるカフェとして、地元で愛されています。
なお、基本的に祝日や土日はお休みで、営業しているのは平日の限られた時間帯のみです。
複数店舗があり、店舗によっては平日にお休みが設けられていることもあるため、あらかじめ営業日時を確認してから行くとよいでしょう。

まとめ

以上、あん福祉会の事業内容について解説してみました。