引っ越し業者を利用する際の注意点とは?

引っ越しをする時にお世話になるのが引っ越し業者です。

タンスや冷蔵庫などの大きな家財を運ぶのに、個人の力だけではどうしても限界がありますよね。

やはり引っ越しのノウハウを持つ引っ越し業者におまかせした方が安心ですし、時間も節約できます。

しかも最近ではかなりリーズナブルな費用で引っ越しできるようになってきました。

今の時代、引っ越ししたい気分の時に引っ越しできる時代なのです。

そこで今回は引っ越し業者を利用する際の注意点をご説明したいと思います。

 

・その1:引っ越しの見積もりは何日前にするべきなのか?

引っ越しの時に気になるのはやっぱり見積もりの時期ですよね。

確かに一体いつ見積もりしてもらえばベストのタイミングなのか分かりません。

仕事が忙しいとなかなか見積もりにかける時間がないですし…。

それでは引っ越し見積もりのタイミングについてお答えしましょう。

基本的に見積もりは早くて1ヶ月前にすると良いでしょう。

遅くても2週間前なら大丈夫です。

ちなみに大きな家財道具が少ない場合、電話のみで見積もりを出すこともできます。

引っ越しが重なる3月から4月にかけては、なるべく早めに見積もりを依頼するべきです。

そうしなければ引っ越し業者が多忙過ぎて、自分が希望する時期に引っ越しできないこともあるからです。

 

・その2:同じマンションで引っ越す場合の注意点は何?

同じマンションでの引っ越しの際に、特に注意することは冷蔵庫に関してです。

冷蔵庫の水抜きは必須です。

なぜなら運搬中に水漏れなどによるトラブルが発生する可能性が高いからです。

同じマンションに住む住人を困らせないためにも、引っ越し業者が来る前に必ず水抜きを行ってくださいね。

 

・その3:靴の梱包の仕方はどうするべきなのか?

ファッションに敏感な方なら靴をたくさんお持ちのはずでしょう。

基本的に靴は段ボールに入れるだけでいいです。

しかし、靴同士がぶつかって汚れてしまう可能性があります。

そこで靴を新聞紙などで包んでから段ボールに入れることをオススメします。

最近では靴専用のシューズケースを用意してくれる引っ越し業者も増えてきました。

もしシューズケースが必要なら、事前に引っ越し業者に聞いてみると良いでしょう。

このように引っ越し業者を利用する際には色々な注意点があります。

さらに詳しく知りたい場合、気軽な気持ちで引っ越し業者に問い合わせてください。

引っ越し業者を利用する際の注意点に気をつけながら、引っ越しの準備をしっかり進めましょう。

 

まずは引っ越し業者選びからスタートしよう

引っ越しを予定している人は、まずは業者選びからスタートするといった人も多いのではないでしょうか?

引っ越し業者についてはいろいろありますので、迷うところですよね。

みなさんはどういった形で業者探しを実践するのでしょうか。

そのあたりについても、気になるところです。

最近ではインターネットを介して業者探しにあたる人が多い傾向にあります。

業者探しにあたって、インターネットで検索できるのは便利ですよね。

 

引っ越し業者ですが、まずはランキングを探してみることをおすすめします。

最近では口コミ情報をもとにランクわけされていることも少なくなく、大変わかりやすくなっています。

また一斉見積もりができるサイトも増えており、大変便利ですよね。

これらをフル活用して、ぜひとも生かしたいところです。

そうしたことからまずは、自分でいいなと思う引っ越し業者をセレクトして、どこの業者にするか選択してみることをおすすめします。

きっとお気に入りの業者が見つかることでしょう。

 

引っ越し業者のめぼしがある程度ついたら、次は業者に見積書を作成してもらうといいでしょう。

その前にネット上で、大体の見積価格がわかるシステムになっているケースが少なくありません。

まずはそちらからチェックしてみてはどうでしょうか?

また繁忙期の料金と通常期の料金は大きく異なってくることもあります。

みなさんはいつ頃、引っ越しを予定されていますか?もし可能であれば通常期を狙って、引っ越しするのがベターといえます。

とはいえ子供の学校の関係や転勤の関係で、繁忙期にあたる人が多いのも事実です。

また新社会人や進学などで1人暮らしをスタートさせる人が多いのもこの時期です。

このように時期的に集中してしまう時期でもあるので、早めに予約するのがベストといえます。

 

繁忙期については早めに予約しないと断られてしまう可能性もあります。

特に土日は、そうしたことがありがちです。

融通が利くならなるべく平日、そしてかつ早めに予約することをおすすめします。

引っ越し業者選びについてですが、迷ったら口コミで1番いいところをセレクトしてみてはどうでしょうか?

それなら負担もありませんよね。

最初は何かと悩むものです。

しかし結果オーライで予算もそこそこで、さらにそれなりにスムーズな引っ越しが実現できれば、十分合格点といえます。

引っ越し前後はばたばたしているものなので、少し余裕を持って行動したいところです。

 

アリさんマークの引越社ってどんな会社?

みなさんはアリさんマークの引越社をご存知ですか?

あの超一流俳優・赤井英和さんがCM出演していることで話題沸騰の引越し会社です。

しかし、あまりテレビを見ない方はアリさんマークの引越社をご存知ないかもしれません。

そこで今回はアリさんマークの引越社をご紹介したいと思います。

 

アリさんマークの引越社は1971年に愛知県名古屋市港区で創業しました。

やはり地元名古屋の方は引越しの際にはアリさんマークの引越社を利用する方が多いみたいですね。

現在も中部地方を中心に営業していますが、なんと関西や関東にも支社を持っています。

ですので、中部地方以外の方でもアリさんマークの引越社を利用することは可能となっております。

アリさんマークの引越社はお客様を非常に大切にした会社です。

お客様がいかなる環境でもしっかり丁寧に対応します。

家族や単身での引越しを検討中の方は、是非ともアリさんマークの引越社を選択肢の第一候補に入れてもらいたいですね。

しかも、アリさんマークの引越社ではサービスがかなりしっかしているのに、ディスカウントキャンペーンもたくさん展開しているのです。

やはりお客様を大事にしない引越し会社は長続きしない…ということをアリさんマークの引越社は熟知しているのでしょう。

 

また近場の引越しはもちろんですが、長距離の引越しにも力を入れています。

例えば、地方から大都市への引越しとなると荷物も増えて色々大変ですよね。

そんな時、最大限に力になってくれるのがアリさんマークの引越社なのです。

アリさんマークの引越社では長距離の引越しの場合、なるべくお客様の負担にならないように低コストでの引越し業務を心がけています。

もちろん低コストだからと言ってサービスのクオリティは一切低下しませんのでご安心くださいませ。

人間は学校や会社の都合で引越しすることが多々あります。

そんな引越しをいつでも優しくサポートしてくれるのが名古屋で誕生したアリさんマークの引越社なのです。

 

失敗しない実印作成

実印を作成して役に立つ場面といえば、遺産相続の際です。

遺産といっても多岐にわたりますので、「自動車」を相続する場合としましょう。

自動車の所有者名義を、被相続者から相続者(遺族)に移す際、遺産分割協議書を作成しなければならない時があります。

この書面には、相続人全員の実印が必要です。

実印がないと、遺族の誰かが被遺族者の自動車を相続することはできません。

 

実印を作成する前に注意したいことは、公的機関に実印を登録することができる印鑑かどうかということです。

印鑑を登録することで、後日、印鑑登録証明書の発行を受けることができます。

この証明書は、押印書面とともに提出する場面が多くあります。

自動車の遺産分割協議書にも、印鑑登録証明書の添付が義務付けられています。

私の自治体では、印鑑登録に登録できる印鑑は、既製品のものは禁止されています。

印影の大きさにも規定があります。

一辺が8ミリメートルに収まり、25ミリメートルに収まらないものは除外されます。

素材としては、ゴム製、合成樹脂製は禁止、氏名以外のものが刻印されていたり、凹凸が逆に彫られていたりするものも登録できません。

 

そこで、このような条件にあった印鑑を注文作成していただける業者さんを探します。

現在では、インターネット上で、作りたい条件で受注して下さる業者さんを比較的簡単に見つけることができますので、印鑑作成に悩むことは少なくなりました。

素材、耐久性、印影の大きさ、太さ、付属するケース、書体、納期、価格などを比較検討しながら、実印にする印鑑をオンラインショップで注文しました。

注文後、約1週間半ほどで保証書とともに届き、氏名が刻印された印鑑を無事、印鑑登録することができました。

印鑑登録後は、登録先の自治体から転出しなければ、印鑑登録証明書発行可能な時間帯でいつでも発行を受けることができます。

また、実印を所持することで、急な書類の提出にも対処することができます。

実印作成の前には、必ず、自治体に印鑑登録できる印鑑の条件を確認してから作成すると、失敗がありません。

※詳しくは「実印作成」を参照