プロパンガスのメリットやデメリットを知り上手に導入する

「プロパンガスのメリットとデメリットが知りたい」
「都市ガスからプロパンガスに変更しようと考えている」
「プロパンガス料金を安くする方法を知りたい」

料理やお風呂、ヒーターなど、生活に強く関わっているものがガスですが、ガスの供給方法としては、現在の日本ではプロパンガスと都市ガスのどちらかに分かれます。
これからどちらを使用するのか悩んでいる人も多いかもしれませんが、プロパンガスを導入するのであれば、そのメリットやデメリットをしっかりと把握しておくことが大切です。

※プロパンガス専門サイトのGASUMOさんのホームページも参考になると思います

プロパンガスのメリット

利用可能なエリアが広い

まず最初にプロパンガスのメリットにあげられる事は、利用可能なエリアが広い点が挙げられます。
これが1番の強みであり、ボンベやガス管、ガスメーターを設置することができれば、全国どこでも供給することができます。
つまり分散型エネルギーとも言えるでしょう。
ガス導入感のないエリアの場合には、供給することがないできない都市ガスに比べた場合には、利用可能エリアがかなり広く、使い勝手が良いものといえます。

災害に強い

そして災害に強いことも1つのメリットと言えるでしょう。
近年の日本は大地震や台風など、自然災害に見舞われるケースが大きくなってきています。
そのたびに水道や電気が止まったり、場合によってはガスが使えなくなることも多々あります。
しかし分散型エネルギーの1つでもあるプロパンガスは、災害時に強いインフラであるともされています。
おおまかな復旧日数を見てみると、都市ガスと比べた場合には、災害時には迅速に使用できるようになるのです。
実際に宮城県沖で発生した地震においては、都市ガスは復旧まで30一日かかったのに対し、なんと3日で復旧しています。
阪神淡路大震災においては、都市ガスが85日かかったのに対し、14日で復旧に至ったのです。
50キロのガスボンベ1本では、およそ1ヵ月ほど音を賄うことができるとされていて、品質の劣化などもなく、半永久的に使えるものとして、これが災害に強いとされている理由です。

火力が強い

そして火力が強いことも嬉しい魅力の1つと言えるでしょう。
都市ガスと比べた場合には、火力はなんと約2.2倍もあるのです。
このようなことから金属の溶接を行っている工場、飲食店などにおいても好んで使われる傾向にあります。
料金を比較した場合には、熱量の違いを考えた上で、都市ガスの値段を2.2倍にして比較してみると良いでしょう。

省エネに取り組む株式会社エスコシステムズ

プロパンガスのデメリット

設置に場所を取る

反対にデメリットがあるのも事実ですが、デメリットにあげられる事は、設置に場所を取ることです。
ボンベを書く過程に設置しなければならず、管理や設置に場所を取ることにもなるでしょう。
設置については条件も定められていることから、どこにでもボンベを受けると言うわけではありません。
容器は風通しの良い屋外に設置されていることや、社交、屋外階段の下などの場合には風通しが良いこと、車両等の損傷を受けない場所に設置するなど様々な条件があります。

料金が高い

そして2つ目には料金が高いことです。
ボンベを運ぶために人件費や配送料がかかることから、都市ガスと比べた場合には、やや値段は高い傾向にあります。
都市ガスと比べると、家庭ごとにも料金に大きな開きがあるのも事実です。
料金に差があると言う事は、言い換えるとガス会社を変更するだけでかなり金額を抑えられる可能性が考えられます。
料金が高すぎると感じる場合には、契約変更を考えることも1つの手段といえます。

料金が不透明

そして料金が不透明なこともデメリットに挙げられるでしょう。
実はプロパンガスは自由料金制が設定されていて、ガス会社が自由に価格の設定を行うことが出来るような仕組みです。
このようなことから価格が不明瞭になっているケースも数多く見られます。
知らない間に値上げがされていたと言うケースもあり、2017年には価格を明確に示すようにとガイドラインが変更されたことです。
万が一価格について疑問がある場合には、一度ガス会社に問い合わせてみると良いでしょう。

プロパンガスの料金を安くする方法

このようにメリットもあればデメリットもあることがわかりましたが、デメリットの1つにある料金を出来る限り安くするためには、いくつかの方法があります。
価格が不透明な中で自由料金制がとられていますが、これにより適正価格との間に大きな差が生まれていることもあります。
このようなことからガス会社を変更することで、都市ガスと比べた場合には、大きく金額が変わることも考えられるでしょう。
しかしガス会社を見直す場合には注意しなければならないこともあります。
持ち家の場合には契約を結んでからどれぐらいの年数が経っているのかを確認してみましょう。
無償貸与契約を結んでいれば、途中でガス会社を変更すると、残りの金額を支払わなければなりません。
基本的にはこの無償貸与契約が10から15年ほど結ばれていることがあるため、10年以上が経過していればガス会社変更を考えてみましょう。
無償貸与契約が切れていなくても、利用状況により残り金額を負担することなく変更できる可能性もあります。

まとめ

まずは一度相談してみることが大切です。
新築の場合には、ガス会社を事前に選ばなければなりませんが、時間がない中でガス会社を選定することは難しいです。
まずはガス会社の無料相談を利用するのが一番の手段と言えるでしょう。

【2022年最新版】大成建設と様々な貢献

「大成建設の株価や評判を知りたい」
「大成建設ってどんな会社?」
「大成建設はどんな技術を持っているの?」

大成建設は日本の大手総合建設会社となりますが、どのような仕事を行っているか興味を持つのではないでしょうか。
土木や建築が事業の中心となりますが、具体的には建築や土木の設計、施工や都市開発、エンジニアリングや不動産、原子力等様々な分野で事業を行っています。
事業に関しては国内だけではなく海外でも行われており、グローバルな事業が展開されていますが、具体的には東南アジアや中東等、世界中でプロジェクトが実行されています。
様々な事業がスムーズに進むよう国内に東京をはじめ多くの支店存在しますが、支店が存在するのは国内だけではありません。
海外にも支店が存在し、台湾の台北営業所やイスラマバードのパキスタン連絡所、ニューデリーにおけるインド営業所やマニラのフィリピン営業所等となります。

大成建設の使命

大成建設は様々な事業を行っていますが、将来新たな文化の発祥地となり地域反映の基盤となることを使命としています。
同時に人々の暮らしを守りつつ、潤いのある社会を創造するという夢も抱いていますが、使命や夢を現実にするため、最新の技術を取り入れました。
多変量解析やAIとなる人工知能を取り入れ、建築現場で取得したデータを分析したり、活用する技術を確立しています。

2020年にはT‐iDigital Fieldの技術を拡張

2020年にはT‐iDigital Fieldの技術を拡張しましたが、どのような技術なのか疑問を持つのではないでしょうか。
建設現場で取得したデジタルデータを利用し、効率的な施工と安全管理を支援することができます。
具体的には、作業員や建設機器の位置情報をリアルタイムで地図化することが可能となり、海洋や山岳等広大なエリアでも瞬時に位置情報を把握することができます。
品質管理に関しては、資材ごとの状況を瞬時に追求する仕組みを構築し、資材とトラックの情報を連携させることに成功しました。
モニターを通して積み込みや運搬、荷下ろしまで管理することが可能となり、施工状況を瞬時に把握し共有することもできます。
状況によって資材の運搬量を検討することが可能となるため、効率よく作業を行うことができるよう検討しなおすことも可能になるといえるでしょう。

トンネルにおける作業の安全性を向上させることが可能となる

作業員の安全面に関しても配慮され、トンネルにおける作業の安全性を向上させることが可能となりました。
作業状況を考慮し、発破を行う際の退避状況等の安全向上を期待することができます。
トンネル工事に関しては、装薬や発破やずり出し、アタリ取りや吹き付け、ロックボルト打設等のサイクルが繰り返し行われますが、サイクル工程の管理機能を行うことも可能です。
建材機械の稼働状況や、作業に必要な時間も把握可能で、効率よく作業を行うことができるよう検討しやすくなるといえるでしょう。

建設業界の人材不足問題について

建設業界では日本の少子高齢化が影響し、慢性的な人材不足が認識されており、危機的な状況に陥っています。
就業者数に関しては1997年の685万人がピークとされ、2018年には503万人と減少しています。
AIを活用することで、単純作業を自動化したり安全管理の向上を実現することが可能となり、人材不足の解消も期待することができますが、大成建設も新しい技術を取り入れることで貢献しているといえるでしょう。
貢献に関しては、最新の技術を取り入れ地域の繁栄に努める以外に、文化財維持のためにも貢献しています。
特別な塗料を開発し、木材の防火性能を高めることが可能となり、文化財保全への活用が期待されいます。

木の表面に塗るだけで燃えにくくなる塗料を開発

特別な塗料とはどのような塗料なのか興味を持つかもしれませんが、木の表面に塗るだけで燃えにくくなるよう開発されました。
樹脂や難燃性の高い薬品が配合されていますが、準不燃材料となる国土交通省認定の基準をクリアしています。
塗料を塗った木材を火に10分間当てても、燃えることはありません。
木材に塗っておくと、燃え始めるまでに時間がかかるため、焼失を避けることができる可能性があるといえるでしょう。
以前の技術では、木材に圧力をかけ薬剤を浸透させる必要があり、存在する木材建築に使用する際は、解体を行った上で薬剤を浸透させる必要がありました。
特殊な装置を使用しなければならず、サイズも重要視されることから難しいとされていましたが、防火性能を高める塗料に関しては塗るだけでよいため手軽に使用することが可能です。

まとめ

国内の国宝や世界遺産に関しては、9割以上が木造建築であることが認識されており、落雷による火災や放火等が心配されています。
2019年においては首里城正殿が火災によって焼失しましたが、塗料を塗ることで防火性を高めることができ、トラブルを防ぐことにつながるといえるでしょう。
文化財の保全目的以外に、柱や梁等に木材を使用した木造ビルの建設等にも使用することができます。
木造ビルは二酸化炭素の吸収を期待することができますが、防火性を高める塗料の誕生は木造ビルの建築を後押しし、地球温暖化の抑制にも貢献することができるのではないでしょうか。

何かと話題になる神社本庁とは

「神社本庁って何?」
「神社本庁ってどこにあるの?」
「神社本庁からの離脱について知りたい」

日本には数多くの宗教があります。
代表されるのが仏教でありその仏教はさらに様々な宗派に分かれています。
キリスト教もまたプロテスタントとカトリックとにわかれており、様々な考え方が絡み合っているのが現状です。
仏教は日本由来の宗教のように感じますが、キリスト教と同じように海外から入ってきた宗教となっています。
主にインドや中国から伝来しており、その様子は日本の歴史の書物に数多く記載され、様々なものが出土され歴史的に保管されている状況です。
そのような中で日本固有の宗教となっているのが神社となっています。

神社とは

神社は神道の考え方により神々を祀るための施設であり、祭祀を執り行うことも多いです。
鳥居によって神の世界と人間の世界とを分けており、鳥居の内側は神域となっています。
日本に神道が生まれたのは自然と密着した生活を送っていたからであり、神社というものはないにしても山岳や川、森や岩、巨木などに神が宿っているとして、昔の人は生活に利用するものと神として祀るものとを分けていました。
いつしかその分け方が明確でなくなったため神社として神々を祀る場所を祭殿とし、区別するようになっています。
なお神社の周りを見ると数多くの木が植えてあり、森のようになっていますがこれは鎮守の杜と言われており、その中には神木があって神木には法連縄が締められています。

参拝の前には必ず手を綺麗にし身を清める

また神社には手水舎がありますが、参拝の前には必ず手を綺麗にし身を清めます。
神社の中に墓地がなく、葬儀なども行われないのは、神社の中は神域であり死をけがれととらえているためです。
すべては神道の考え方に基づくものであり、お墓などは一切建てられません。
近年では再び神道に注目が集まっており、鳥居の美しさや神社がある場所はパワースポットとして考えられるようになり、観光地のようになりました。
昔は結婚式も神社で行われていましたが、一時期キリスト教で行われる教会スタイルがもてはやされ遠のいた経緯もあります。
今では再び神前結婚式が行われるようになり、日本の伝統的な儀式を重んじるようになっています。

多くの神社を取りまとめている神社本庁

神道が注目されるようになってからよく聞くようになったのが神社本庁です。
日本には現在8万5千ほどの神社がありますが、登録していないものもあり実際には10万を超えていると言われています。
この多くの神社を取りまとめているのが神社本庁であり、すべての都道府県に必ず1つずつ設置されているのが神社庁です。
本庁という名前がついていますが、役所的な意味は全くなく宗教法人に基づいた文部科学大臣所轄の宗教法人となっています。
ここでは各都道府県の神社の事務や人事財政、それぞれの神職への指導や祭祀や地域活動の振興を図る活動を行っています。
神社庁そのものは広報的な意味合いがあり、多くの場合都道府県の中で比較的大きな神社の境内もしくは隣接地に配置されている特徴があります。

【参考】神社本庁とは?役割や取り組みについて調査

渋谷区にある明治神宮の横に設置されている

この神社庁を取りまとめている神社本庁もまた渋谷区にある明治神宮の横に設置されています。
なおすべての神社が神社庁に属しているわけではありません。
靖国神社や富岡八幡宮、日光東照宮などは属しておらず、近年ではこんぴらさんとして有名な讃岐の大神社が離脱をしました。
これは宗教の考え方の違いによって起きたのではなく、神社本庁の癒着疑惑、女性を宮司にしない、地域に寄り添わず地域の実情を理解していないなどのことが関係しています。
本来は神聖な場所であるはずなのに、神社本庁の幹部らが癒着をし訴訟も起きているため離脱する神社が増えているということになります。
なお日光東照宮は1985年と比較的早くに離脱をしていますが、後を追うように気多神社が2010年、梨木神社は2013年、そして事件が起きた富岡八幡宮が2017年に離脱しています。

本庁に属する神社で神主になる条件

神社本庁は宗教団体の一つとしてとらえられていますが、この本庁に属する神社で神主になるには様々な条件をクリアしなくてはなりません。
一般的なクリア事項として卒業する大学が決められており、皇学館大学か国学院大学のどちらかを卒業し、その後実務経験を積まなくてはなりません。
さらに神職養成講習会というものが神社庁で開かれており、そこに出席し知識を深め、さらに養成所に通って神社庁からの推薦を受ける必要があります。
必ず神社庁が絡んでおり、なりたいからと言ってなることができる職業ではありません。
仏教も修行を積みますが、それと同じように神道もまた様々な勉強を積んで理解を深める必要があります。
神社は若い人を中心に憧れの存在であり、今日本の良さが見直されています。

まとめ

本庁は再び注目が集まったことを冷静にとらえ、利益を求めず本来の目的を果たすべく努力をしなくてはなりません。
様々なトラブルが生じると離脱する神社が増え、どのような事情があるのかと不信に思う人も増えるので日ごろからそれぞれの地域の神社の実情をしり、対策を講じる必要があります。

関井氏が好むオリジナルなパソコンについて

パソコンにはデスクトップパソコンとノートパソコンがあります。

デスクトップパソコンの方が性能が優れていますが、ノートパソコンは持ち運べるため便利です。

最近ではスマートフォンやタブレットの使用者も増えました。

特に若い世代では、インターネットを閲覧するのにパソコンではなくスマートフォンを利用する傾向があります。

パソコンを購入する場合にも、持ち運びができるノートパソコンを選択する人が多数派です。

関井圭一さんが考える動画の編集など高度な作業を行なう場合

動画の編集など高度な作業を行なう場合には、ノートパソコンよりもデスクトップパソコンの方が適しています。

パソコンパーツはドスパラなどの専門店や家電量販店、インターネットの通販サイトなどで購入できます。

インターネットの価格を比較するサイトを利用すれば、最も安く買える通販サイトが分かります。

最近では既にパソコンパーツが組み立てられているものを販売する専門店も多く見られます。

既に組み立てられているデスクトップパソコンは、自分で1つ1つのパーツを揃えて組み立てる手間が不要です。

またパーツを揃える場合よりも安い場合があります。

ドスパラなどでは手軽に高性能なデスクトップパソコンを手に入れることができます。

しかし1つ1つのパーツを揃えて自分で組み立てれば、パソコンを作るノウハウを習得でき故障した場合にも容易に対応が可能です。

自分好みのパソコンを作ることができるという魅力もあります。

デスクトップパソコンはノートパソコンよりも性能が優れているため、様々な作業に利用できます。

ノートパソコンやスマートフォンなどと用途に応じた使い分けが重要です。

デスクトップパソコンを構成するパーツ

デスクトップパソコンを構成するパーツには様々なものがあります。

全部のパーツを集める必要はありません。

最低限の機能を備えていれば、パソコンとしての役割を果たしてくれます。

例えば最近では仮想通貨のマイニングと呼ばれる作業が人気です。

マイニングをすると報酬として新規に通貨の発行を受けることができますが、膨大な量の計算が必要になります。

CPUを使用して作業を行うよりも、グラフィックボードを使用する方が計算力が高いため効率的です。

グラフィックボードはビデオカードとも呼ばれ、画面出力や動画再生の機能を向上させる装置です。

マイニング専用のパソコンを作る場合には、必ずしもパソコンケースを必要としません。

一方で複数のグラフィックボードと対応するマザーボード、安定した電力を供給する電源装置は必須です。

デスクトップパソコンを作るには、自分が求める性能に応じたパソコンパーツを揃えることが重要です。

パソコンを構成するパーツにはケースの他にも電源装置やマザーボード、CPU、メモリー、ハードディスク、SSD、光学ドライブ、グラフィックボード、サウンドカード、OS、ディスプレイがあります。

情報を長期的に記録する装置はストレージと呼ばれます。

かつてはハードディスクが主流でしたが、現在ではSSDを使用する事例が増えています。

パソコンを動かすには基本ソフトであるOSが必要です。

OSはストレージにインストールして使用します。

SSDにOSをインストールすると、ハードディスクよりも起動が早く故障しづらいというメリットがあります。

しかしSSDはハードディスクよりも高価です。

メインのストレージとしてSSDを利用しつつ、安価で大容量なハードディスクも併用して情報を保存する方法もあります。

また情報の保存は内蔵ハードディスクだけでなく外付けハードディスクやUSBメモリ、光学ディスクでも行なうことができます。

CPUの詳細について関井圭一さんの見方

CPUはパソコンの中心的な処理装置です。

エンジンのような存在なので、性能が高いほど動作速度や処理速度が上がります。

ドスパラでもCPUは普通のものから高性能なものまで、いろいろと取り揃えています。

メモリーも動作速度と処理速度に関係する重要なパーツです。

ストレージが情報を長期的に保存する装置ならば、メモリーは一時的な保存を行います。

メモリーは作業台に例えることができます。

容量が大きいほど作業をスムーズに行えるようになります。

CPUとメモリーは全てのパソコンに必須のパーツです。

それぞれに形式があるので、対応するマザーボードを選択する必要があります。

マザーボードにはCPUやメモリーなど様々なパソコンパーツが接続されます。

ATXやMicroATXといった大きさの規格が存在します。

多くのパソコンではATXかMicroATXのマザーボードが利用されます。

ATXとMicroATXであればどのようなパソコンケースでも利用可能です。

MicroATXの場合には対応するパソコンケースを利用します。

パソコンケースと電源装置もATX型とMicroATX型が存在します。

まとめ

またパソコンケースの大きさにはフルタワーとミドルタワー、ミニタワーの3種類があります。

フルタワーは非常に大きいため拡張性に優れていますが、設置場所を選びます。

一般的にはミドルタワーかミニタワーが利用されます。

それ以外にも、キューブ型やスリム型と呼ばれる小型ケースが存在します。

近年ではキューブ型やスリム型のケースと、ATXやMicroATXをさらに小型化したMini-ITX型マザーボードが使用される事例も増えています。

 

関連記事
関井圭一 経歴

ZEH(ゼッチ)住宅とは

ZEH(ゼッチ)住宅というのは、端的に言うと省エネ住宅のことです。
国全体で推奨している取り組みであり、経済産業省は2020年までにハウスメーカーなどが手掛ける新築の注文戸建住宅の半数以上で、さらに2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すという政府目標を掲げています。
その達成に向けて必要な課題や対応策をまとめた「ZEHロードマップ」も示されており、国全体で力を入れている取り組みのひとつと言えます。
一方で、すでに過ぎてしまった2020年地点の目標値を概ね達成できているのは、大手ハウスメーカーに限られているのが現状です。
一般工務店を含めた全体としては目標の半分にも未だ至っていません。
その要因にはさまざまのものが考えられますが、特にそもそもその存在を知っている人が未だに多いとは言えないこと。
知名度の低さも大きく影響していると言われています。
そこでここでは、改めて国が推奨するZEH(ゼッチ)住宅の特徴を徹底紹介します。

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称

そもそもZEH(ゼッチ)というのは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称です。
そして、日本語でその内容を説明すると、「使うエネルギー」より「創るエネルギー」の方が多い住宅のことを意味します。
なお、もう少し厳密な説明すると設計一時エネルギーの消費量と家で創り出せるエネルギー量の収支がゼロ以下になる住宅のこと、というのが正しい表現です。
ただ一般的な理解としては「使うエネルギー」より「創るエネルギー」が多い家という理解で十分です。

ZEHであることが認められると補助金を受けることができる

そんなZEH住宅は、ZEHであることが認められると補助金を受けることができるのも特徴です。
ただ、補助金を受けるためには、細かい要件をすべて満たさなければなりません。
そして、その際にポイントとなるのは「断熱」・「省エネ」・「創エネ」という3つの観点です。

断熱

このうち断熱については、一般的な住宅より外の暑さや寒さの影響を受けにくい性能が備わっている、というものが求められます。
要は、断熱材や窓に高い遮熱性能が必要という意味であり、その結果冷暖房に使うエネルギーを大きくおさえることができます。
なお、その際には酷暑や極寒を我慢する必要は一切ありません。
効率的にエアコンがよくきくZEH住宅であれば、省エネでも快適に過ごすことができるようになるためです。
しかも、住宅内全体で生じる温度差自体も小さくなるので、ヒートショックのリスクが減るのもZEH住宅ならではの特徴であり魅力です。

省エネ

また、「省エネ」に関しては住宅内で消費されるエネルギーと太陽光発電などで創り出すエネルギー量の両方を確認することができる「HEMS(ヘムス)」というシステムが必要、というものです。
また、システムの導入に加えて省エネタイプのエアコンや少ないエネルギーでお湯を沸かすことができる効率的な給湯システム、消費電力量が少ないLED照明の導入なども合わせて行う必要があります。

創エネ

さらに、ZEH住宅の認定にもうひとつ重要となる要素「創エネ」は、その名の通り太陽光発電システムなどを駆使した再生可能エネルギーシステムの設置が必要、というものです。
しかも、この創エネで創り出すエネルギーの総量が消費するエネルギーを上回る必要がある点には注意が必要です。
上回らなければZEH住宅として認定を受けることはできません。
ただ、太陽光発電などのシステムが導入されていれば、そもそも光熱費の削減や補助金を受けられる可能性があるうえに、停電などの万が一の自体が起きてもいつもどおり電気を使い続けることができる、というメリットがあります。
つまり、住宅のZEH化は光熱費が大きくおさえられるだけでなく、安心で快適な暮らしを手に入れることができるところにもあります。

ZEH認定を受けることができる条件

ただ、登録したZEHビルダーやプランナーの認定を受けているハウスメーカーや工務店、エスコシステムズや建築事務所が手掛けた家しかZEH認定を受けることはできません。
そしてこの点もまた、ZEH住宅の普及がなかなか進まない大きな要因となっている部分と言われています。
参考記事:エスコシステムズ蓄電池

このZEHビルダーやプランナーは「ZEHロードマップ」に示された定義を満たしている企業のみが該当し、その数は年々増えてはいるもののすべてのハウスメーカーや工務店が該当するわけではありません。
また、補助金制度にはいくつかの種類があり、それぞれによって受け取れる額や採択の方式が違います。
しかも、その内容は年によっても変わってきます。
そのため、事前にその詳細をしっかりと自らの目で確認する必要があります。
さらに、補助金の申請をした後の注意点として、間取りや設備の変更が一切できない、というものがあげられます。

まとめ

これは、断熱性能やエネルギーの消費量は間取りや給湯器などの設備ひとつを変えるだけで大きく変わってきてしまうためです。
一度申請したらその内容通りに建てないと、補助金を受け取ることができません。
つまり、よくある建築申請後の間取り変更や窓の位置の変更はZEH住宅では許されません。
事前にしっかり検討してから建築に取り掛かる必要があります。